堅実女子ニュース&まとめ 7割の人が今の仕事に満足している理由、2位休暇日数・休みのとりやすさ、1位は?

皆さんは、今の仕事に満足していますか?勤務時間や休暇日数、給与などの面から、勤務先に対してさまざまな思いや考えがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

マイボイスコム株式会社では、就業意識に関するインターネット調査を実施しました。社会人の方が思う、仕事に対する満足度をご紹介します!

社会人が働く上で重視する点とは?

まずは、社会人が働く上で重視する点について聞いてみました。働いている人の5割強の方が「仕事の内容、種類」「通勤時間、勤務地」と回答。また4割程度の方が「給与水準」「労働時間」「休暇日数、休みのとリやすさ」と答えました。

また「通勤時間、勤務地」「労働時間」「休暇日数、休みのとりやすさ」「就業形態」「人間関係」の5つの項目は、男性より女性の方が上回る結果となり、働きやすさを重視して仕事を選ぶ女性も多いようです。

現在の仕事に対して7割弱が「満足」or 「やや満足」と回答!

仕事への満足度は増加傾向に!

現在働いている人のうち、66%の方が「やや満足」以上という結果となりました。仕事に対して多少の不満は感じるものの、トータル的な満足感を得ている方が多いようです。

これまでの5回分の実施結果を見ても全体的に満足度が上がっていることがわかりますね。

仕事で満足に感じる点の1位は「通勤時間、 勤務地」!

働きやすい環境を求める方が多い?

続けて現在の仕事で満足に感じる点(複数回答)を尋ねてみると、「通勤時間、 勤務地」が1位に。そして「休暇日数、 休みのとりやすさ」「労働時間」に対して満足していると答えた方が、各30%台いました。

さらに「仕事の内容、 種類」「仕事の量」「就業形態」が各20%台と、仕事のやりがいに対する満足感を得ている方もいるようです。

現在の就業形態別にみると、『パート・アルバイト、 フリーター』では「通勤時間、 勤務地」「労働時間」となり、『公務員』では「給与水準」「雇用の安定」「福利厚生の充実度」の比率が高くなっていることがわかりました。職種によって重視する点が異なることが推測できるでしょう。

また不満に感じる点(複数回答)についても併せて質問した結果、「給与水準」が働いている人の35.7%を占め、続けて「仕事の量」「人間関係」「休暇日数、休みのとりやすさ」「労働時間」が各1割強となりました。

トップが「給与水準」となりましたが、過去調査と比べて減少傾向にあることから、各仕事の給与水準が少しずつ上がっていることが推測されます。

仕事に対する考え方の1位は「仕事は収入を得る手段としてとらえている」!

中には社会貢献を目指す方も…!

仕事に対する考え方としてあてはまるものを選んでもらいました。1番多かったものが「仕事は収入を得る手段としてとらえている」で58.3%。「雇用が安定している職種・仕事を選びたい」「仕事も、私生活も両立したい」「時間に融通がきく仕事を選びたい」が各3割弱となりました。

さらに就業形態別でみると、『正社員で管理職以外』『派遣社員』では「仕事は収入を得る手段としてとらえている」が他の層より高い結果に。『パート・アルバイト、フリーター』『自営業』『専業主婦・主夫』では、「時間に融通がきく仕事を選びたい」が「雇用が安定している職種・仕事を選びたい」より多くなりました。

職種によって重視している点が異なることから、仕事に対する考え方に対しても違いがあるようです。

1 2