堅実女子ニュース&まとめ 自分磨きに余念がなさそうだけど……アンケートで判明!ハイスペック女子の美容法の意外な結果

高学歴や高収入の「ハイスペック女子(ハイスぺ女子)」は、美容に対する意識も高く、時間やお金をかけて常に自分磨きに励んでいるイメージがありますが、実際はどうなのでしょう。

株式会社SENSEが全国の20代、30代のハイスペ女子(※)を対象に行った美容アンケートによると、意外にも美容にかける時間は短く、お金をかけていない人も多いことが明らかに。それでは実際どういった美容方法を行っているのでしょう。今回は気になるハイスペック女子の美容方法をチェックしてみましょう。

※今回のアンケートでの「ハイスペック女子(ハイスぺ女子)」とは、職業が、モデル、客室乗務員、秘書、アナウンサー、女医、商社、士業、コンサルタントの方と定義されています。

1か月にかける美容代は3万円未満が6割、1万円未満も3割弱

1か月の美容代というと、化粧品代、ヘアサロンや美容サロン代、ネイル代など、トータルすると意外と高くなってしまいますよね。ハイスぺ女子といえば、高級な化粧品を使ったり、サロン代にお金をかけている印象がありますが、実際にアンケートを取ったところ、意外とそこまでではないことが判明。

回答では「1万円~3万円未満」が最も多く31.8%、次いで「1万円未満」が27.8%と、約6割の人が3万円未満であることがわかりました。一方でやはり5万円以上かけている人も16%程度いました。

1日のうち美容にかける時間は30分未満が半数以上

1日の美容にかける時間についても尋ねたところ、半数以上が30分未満と回答。30~1時間未満が3割程度で、1時間以上という人は15%程度でした。仕事にプライベートに忙しい女子は、美容にかける時間は、効率よく短時間で行う人が多いようです。

中には1か月の美容は10~20万円、1日2時間以上時間をかけているという人も

では具体的にどんな美容方法を行っているのか、身体の部位に分けて調べてみましょう。

コロナ禍で自宅での美容に時間をかける人が増えているというが、30分以上時間をかけている人は半数程度
1 2