堅実女子ニュース&まとめ 賃貸住宅に住むシングル女性の平均家賃はいくら?

ステイホームやリモートワークでの仕事が増えていることにより、部屋で過ごす時間が増えたという人も多いですよね。また自宅でも楽しめるよう、今までにない家電や美容グッズ等を揃えたという人もいるのではないでしょうか。

不動産・住宅サイト「SUUMO」では、賃貸住宅に住むシングル女性の生活実態を徹底調査。ベースとなる平均的な家賃から、以前の調査との生活実態の比較をご紹介しましょう!

シングル女性の家賃は6~8万円台が約6割!

職種によって年収が異なる?

シングル女性で一人暮らしをしている人に年収を尋ねたところ、33.5%で「300万円~400万円未満」が最も多い結果に。次いで「200万円~300万円未満」27.2%となり、これらを合わせると年収「200万円~400万円未満」の人が多数で約6割を占めていることがわかりました。

中には10万円以上の物件に住む女性も!

またこの年収から、現在住んでいる家の家賃について質問すると「6万円台」が22.3%、 「7万円台」が20.4%となり、それぞれ2割以上を占めていました。 また17.0%で「8万円台」となったことから、半数以上が家賃6~8万円台の物件を借りているようです。

片付けが「得意」な人が増加傾向に?

コロナ禍で生活形態の変化が影響?

続けて片付けが得意なほうか、 不得意なほうかを聞いたところ、 「得意」が11.2%、 「どちらかといえば得意」が37.9%、 「どちらかというと不得意」が35.0%、そして「不得意」が16.0%という結果にとなりました。 

この調査は、2017年の調査で同様に行ったものであり、「得意」、 「どちらかといえば得意」との回答者が以前よりも約1割程度増加しました。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、 家で過ごす時間が増え、 持ち物の整理や収納計画を見直しをする人が増えたことにより、 片付け上手になった人が比例して増えているのではないかと予想できます。 

キッチン家電の充実を求める人が多数!

コロナ禍で自炊をする人の増加が影響してる?

家で実際に使っているキッチン家電を聞いたところ、 「炊飯器」「電子レンジ」「電気ポット(ケトル)」は、 ほとんどの人が所有しており、 「オーブンレンジ」も半数以上の人が持っていることが分かりました。

特に電気ポット(ケトル)は、2017年の前回調査で51.1%だったのに対し、 65.5%と大幅に増加。手軽にお湯を沸かせられるため、その利便性から注目を集めているようです。

また今欲しいキッチン家電も聞いたところ、 「ない」を除くと「食器洗浄機」が1位となる結果になりました。 食器洗浄機は前回10.7%から今回23.3%と大きく票を伸ばし、自炊をする機会が増えた今、 「なくても生活はできるが、 あるとより豊かに暮らせる」家電に注目が集まっているのでしょう。

コーヒーメーカーやホームベーカリーにも注目が集まる!

ステイホームが続いていることにより、家で楽しめる家電にも注目が集まっています。中でもコーヒーメーカーやホームベーカリーは、習い事等の趣味の延長や新しい趣味として、揃えたいと考えている人が増えているようです。

特にホームベーカリーは、時間がある今だからこそ、時間をかけてパンづくりに励むことができる点で人気を集めていると推測されます。またコーヒーメーカーも、カフェ等に行きづらい今、自宅で美味しいコーヒーを楽しみたいという気持ちから購入希望者が増えているようです。

コロナ禍でも充実した生活づくりを!

ステイホームで新しい趣味を見つけよう!

いかがでしたか?コロナ禍という中でも捉え方や視点を変えるだけで、充実した生活づくりを行うことができます。また今だからこそ、やっておきたいことにトライするのも良いですね。ご紹介した結果を元に、ライフスタイルの見直しをしてみてはいかがですか?