堅実女子ニュース&まとめ 袋をお湯にポチャン…で出来上がり!洗い物いらずの『防災レシピ』がすごい

9月1日は「防災の日」ですね。みなさん、いざという時のための非常食の備蓄はしていますか?筆者は恥ずかしながら、そこまでしていません。もっと正直に言うと何もしていません……。『非常食の備蓄』というと、賞味期限が長くてすぐに食べられる乾パンとか、缶詰とかをたくさん買っておくイメージがあります。「アパート狭いし、そんなスペースはないよ〜。それにいざと言う時に埃まみれになってそう。」と、思ってしまいます。

今回はそんな筆者のような方でもできる、備蓄や防災レシピをご紹介します!先日、マルコメ主催の「みんなで学ぼう!防災料理」のオンラインイベントが開催されました。イベントには、防災食アドバイザー 今泉マユ子氏も登壇。新しい備蓄の考え方である「ローリングストック」や、今泉氏が名付けた「お湯ポチャレシピ」についてお話ししていただきました。

マルコメ主催の防災料理イベントに登壇する、今泉マユ子先生

いざと言う時のための備蓄のポイントとは?

今泉マユ子氏は、管理栄養士、災害食専門員など多くの資格を持ち、メディアからも注目されている防災食アドバイザーです。今泉氏は備蓄のポイントとして

・自分の好きなものを備蓄すること
・賞味期限を見える化すること
・ローリングストックすること
・カセットコンロ、ガスボンベ、水を備蓄すること

などをあげています。

自分の好きなものを備蓄すること

まず、自分の好きなものを備蓄する、理由としては、「災害の時に何を食べるか」ではなく「好きなものを災害時にどう食べるか」と考えて欲しいとのこと。災害時に無理して普段食べないような物を食べるのではなく、災害時こそおいしい食べ物で元気をつけることが大切だと言います。

賞味期限を見える化すること

賞味期限は、長い物ほどつい放置してしまい、知らないうちに切れていることが多いのだそう。確かに、使う頻度が少ないものは「食べてみようかな…」と思う頃には賞味期限が切れているのはあるあるですよね。テープに大きく書いて貼るなど、分かりやすく賞味期限を見える化することで、賞味期限切れを防ぐことにつながるとのこと。

ローリングストックすること

備蓄と言うと、以前はとにかく長期保存できるものをまとめてしまい込む、というイメージでしたよね。しかしそれでは、買っておいたことを忘れてしまったり、いざと言う時に賞味期限切れ……なんてことが起こってしまいます。「ローリングストック」とは新しい備蓄の考え方であり、「ローリング(回転)+ストック(備える)」ということだそう。

普段から備蓄した食材を、期限が切れる前においしく調理していただき、なくなった分を買い足すというのが「ローリングストック」。このサイクルを続けることで、常に一定量を備蓄できて、いざという時に役に立つとのこと。

カセットコンロ、ガスボンベ、水を備蓄すること

常温で保存できるものや加熱調理しなくても食べられるものを備蓄するのはもちろんですが、電気、ガス、水が止まったことを想定して『カセットコンロ、ガスボンベ、水』を備蓄することが大切だそう。この3点があることで、災害時でも温かいご飯が食べられるのですね。

今回のイベントの体験キット。ローリングストックにおすすめの物です。
1 2