堅実女子ニュース&まとめ 不動産業者に問い合わせが多かった賃貸物件の設備、2位オートロック、1位は?

新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの生活は一変。働き方や住まいの価値、移動手段など変化してきています。Suits woman読者のみなさんも、物件探しをする際、これまでの条件とは違う点が気になってきた、という方もいるのではないでしょうか。

収入減だったり、リモートが増えたり、働き方にも変化が

不動産情報サービスのアットホーム株式会社は、『不動産のプロが選ぶ!「2021年上半期 問合せが多かった条件・設備」ランキング』を発表。コロナ禍で多くの人が気にしている賃貸物件の条件や設備とは?

【条件編】不動産のプロが選ぶ!「2021年上半期 問合せが多かった条件・設備」ランキング

Q. 2021年1月以降、賃貸居住用物件を探しているお客さまの中で、多かった問合せ内容・条件を教えてください。(複数回答)

不動産会社スタッフに、2021年上半期に問合せが多かった条件を聞いたところ、「毎月の家賃を下げたい」が1位となりました。「コロナにより収入が減ったため、現在の住まいより家賃の低い物件を探しているお客さまがいた」という声が多かったようです。家賃以外にも「契約時の初期費用を少しでも抑えたいお客さまが多かった」など、初期費用に関する要望も多く寄せられたとの声が。

次いで「転勤のため引っ越したい」が2位「今より部屋数を増やしたい」が3位にランクインし、転勤のための引越しも少なくない一方で、部屋数を増やしたいという要望も多い様子がうかがえます。「部屋を増やしたいなど、コロナ禍でテレワークの環境を整えたい人が増えているように感じた」「現状と同じ家賃で、広めのお部屋への住替えや、郊外への引越し、在宅勤務のために防音に優れたRC(鉄筋コンクリート)やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)への住替えをご希望されるお客さまが目立った」という声や、「在宅時間が長くなったため、家賃を増額してでも気にいったお部屋に住みたいというお客さまが増えた」という声もあるなど、住まいに求める役割が多様化していることが特徴的です。

不動産のプロが出会った 2021年上半期 住まい探しエピソード ~条件編~

・お子さまがいる家庭は、デザイン性よりも部屋数を重視されていました(静岡県)
・居住用とは別に仕事用・テレワーク用のお部屋をお探しのお客さまがいらっしゃいました(大阪府)
・テレワークで自宅にいることが増えたので、見晴らしがよく圧迫感を感じないという理由から現在お住まいのマンションの高層階に引越しを検討されたお客さまがいらっしゃいました(東京都)
・ワンルームにお住まいのお客さまから、通勤時間を短くしたいので都内に今の家賃と同じくらいで転居したいというお問合せをいただきました(東京都)
・今年は特に防音を気にされているお客さまが多かったです。また家にいる時間が長いため、隣に住む方がどんな方なのかを聞かれる機会が多かったように思います(神奈川県)

1 2