堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で理想の上司像も変わった!?今、部下から求められる力とは?

コロナ禍で生活様式や働き方が変わり、仕事に対する意識が変化してきた昨今。自分の時間が増えてスキルアップに利用したり、新たな趣味を見つけたという人も多く、仕事よりも私生活を重視する人が多くなってきたようです。

株式会社アスマークが全国の会社員に行ったワークライフバランス(※)と仕事に対する調査によると、私生活重視派が5割強だったのに対し、仕事重視派はわずか1割程度。私生活と仕事は半々という人も3人に1人程度ということがわかりました。ではみんなの仕事に対する意識はどう変わってきたのでしょう。理想の上司像はどう変化しているのでしょう。コロナ禍で変わってきた意識の変化についてまとめてみました。

※ 本調査における「ワーク・ライフ・バランス」とは、仕事とプライベート(私生活)をどれぐらい重視しているか、どれぐらいの時間を割いてバランスを取りたいかを意味しています。

できるだけストレスなく働きたい人が8割以上

全国の20代~50代会社員800人に「仕事に対する意識」について尋ねたところ、最も多かった意見は「できるだけストレスなく働きたい」で84.4%。「無理なくほどほどに仕事がしたい」とか「自分らしく働きたい」という人は75%以上いて、仕事より私生活を充実させたいという考え方が浸透していることがわかりました。

また「収入を増やしたい」という人も75.9%と多く、会社だけでなく、副業や投資などを意識している人も増えているようです。会社員として「出世したい・成功したい」という人は4割弱でした。

■仕事に対する意識TOP10■
・できるだけストレスなく働きたい(84.4%)
・無理なく、ほどほどに仕事がしたい(77.0%)
・自分らしく働きたい(76.5%)
・収入を増やしたい(75.9%)
・ライフステージに合わせて働き方を選びたい(64.9%)
・成長・スキルアップしたい(54.4%)
・同じ会社で長く働きたい(54.1%)
・人脈を作りたい(45.4%)
・色々な仕事を経験したい(39.6%)
・出世したい・成功したい(37.4%)
※スコアは「そう思う」「ややそう思う」の合計

働き方の多様化もあって、「ライフステージに合わせた働き方を選びたい」と考える人や、「いろんな仕事の経験をしたい」と考える人も多いことが明らかに。

このように意識が仕事より私生活を重視する人が増えた事で、理想の上司像も変わってきているようです。

1 2