堅実女子ニュース&まとめ コロナ禍で理想の上司像も変わった!?今、部下から求められる力とは?

理想の上司は「新しい考え方を取り入れる人」

理想の上司像についても詳しく尋ねてみると、最も支持を集めたのは「新しい考え方を取り入れる」人。いわゆる伝統的な考え方を守っている人より、今の時代に合わせて考え方を変えられる柔軟な対応ができる人が理想と考えている人が多いことがわかります。

また真面目で冷静なタイプより、「ユーモア・笑いが好き」なタイプを選ぶ人も半数以上。フレンドリーさを求める人も約4割いました。一方で、ランチやお酒の場でのコミュニケーションを求める人は少なく、できればプライベートな話は避けたいと思っている人も一定数いることがわかりました。

仕事内容など細かくフォローしてほしいと思っている人は2割弱。放任主義希望者が4割近くもいる

最近では上下関係がしっかりしている会社は減り、年齢や職歴に関わらず、カジュアルに上下関係を築く会社も増えているようです。先輩や上司が新入社員を細かく指導し、フォローしてくれる時代は一昔前のことになってしまったのかもしれません。ランチや飲み会でコミュニケーションを取りながら、人柄をわかり合い、人脈を作っていくという話ももう時代遅れなのかも!? 

もちろん今でも伝統を重視する企業もあるし、プライベートも仲良くしてコミュニケーションを重視する会社もあります。会社のスタイルが多様化しているので、自分にはどういうスタイルが合っているのか、どういう場所で働きたいか、入社する前にあらかじめきちんとチェックする必要がありそうですね。

上司とプライベートな話までしたいと思っている人は3人に1人程度
1 2