堅実女子ニュース&まとめ 「誘ってくれてありがとう」など、感謝を伝える英語のレパートリーを増やそう!

デートやホームパーティなど、楽しい時間を過ごしたあとはスマートにお礼を伝えたいもの。今回は、お礼を伝えたいときに使える英語フレーズをご紹介します。

「今日はありがとう」と伝えるなら、シンプルに「Thank you for today」

「Thank you」だけでなく、言葉を加えると相手に伝わりやすいですよ。

シンプルに「今日はありがとう」と伝えるときには「Thank you for today」、感謝をより丁寧に伝えたいときには「Thank you so much for today」や「Thank you very much for today」がおすすめです。

例)
Thank you so much for inviting me today.
(今日はご招待をありがとうございます)
Thank you for inviting me for a dinner.
(今日はディナーに誘ってくれてありがとう)

★キーワード
invite:招待する、ごちそうする

楽しかった気持ちも伝えたいときは?

素敵なデートのあとは、お礼とあわせて“楽しかった”の気持ちもしっかり伝えたいもの。「I really enjoyed spending time with you」と添えて、過ごした時間がどれほど楽しいものだったのかを伝えましょう。

このフレーズを少しアレンジすると、恋愛感情をふくませた表現に。
“more than just something casual(カジュアルな関係以上)”を望むのであれば、勇気を出して大胆なメッセージを送ってもいいかもしれません。

例)I really enjoyed spending time with you.I want to get to know you better.
(一緒の時間を過ごせて本当に楽しかった。あなたのことをもっとよく知りたいわ)

★キーワード
casual:軽い

日本語の「恩に着ます」は、「I owe one」

病院に付き添ってくれたり、引っ越しを手伝ってくれたり……ありがとう以上の強い感謝を伝えたいときに「Thank you」では少し物足りないかも。大きな負担になることを引き受けてもらった場合には、「I owe one」を活用しましょう。

「owe」は「借りる」という意味で、直訳すると「I owe you one=あなたに借りができました」となります。日本語の“恩に着ます”に近いニュアンスの言葉です。

I owe one.(恩に着るわ)
It’s nothing(どういたしまして)/Never mind(気にしないで)

★キーワード
owe:借りる

1 2