堅実女子ニュース&まとめ たった1分で数億円が動く!?高級美術品オークションの世界をクイズで学ぼう

絵画や写真などの芸術作品が数億円で落札される、海外オークションの世界。そんなオークション界を牽引するのが、二大老舗オークション会社の「サザビーズ(1744年創業)」と「クリスティーズ(1766年創業)」です。サザビーズはアメリカやイギリス、中国、スイスなどに、クリスティーズはアメリカやイギリス、イタリア、オランダなどにオークションハウスを構えています。

どちらのオークション会社もイギリスの首都、ロンドン発祥。250年以上もの間、貴重な芸術品を守り未来へと繋いできました。

オークションと聞くと「大金持ちしか参加できないんじゃ……」と思われる方も多いですが、実は一定の手続きをふめば誰でも参加可能です。

サザビーズ
参加時には、身分証明書のコピーと共に事前登録が必要になります。ドラマなどでよく見る「パドル(番号札)」を挙げるオークションハウスでの入札のほか、電話やインターネット、FAXでの入札も可能です。

クリスティーズ
はじめての参加やブランクがある場合には、銀行口座の照会および本人確認が必要になります。ネットオークションに参加する場合にはアカウント開設のほか、身分証やクレジットカード情報の入力も必須です。

今回は、そんな海外オークションに関するクイズを出題します。史上最高額で落札されたデジタルアートの価格はおいくら?

美術品オークションの世界ってどんなもの?

クイズは全部で5問。何問正解できるかチャレンジしてみてください。問題の答えについては、後ほど詳しく解説します。

問題1.クリスティーズやサザビーズなどのオークション会社が担う主な役割は?(複数回答)

A.売りたいものがある人と買い手をつなげる
B.商品の価格を正しく判断する
C.売れる商品の発掘
D.プライベートセールの仲介

問題2.ビープルによるデジタルアートが、クリスティーズで落札されたときの金額は?

NFTに基づいたデジタルアート作品として史上最高額になった本作。驚愕の金額とは……?

A.約3,000万円
B.約1億円
C.約35億円
D.約75億円

問題3.美術品のオークションで、一品の売買にかかる時間は?

A.1分
B.3分
C.5分
D.10分

問題4.クリスティーズが扱う商品のカテゴリーは次のうちどれ?(複数回答)

A.美術品
B.家具
C.宝石
D.時計

問題5.クリスティーズが“ここ最近”積極的に行っているのは?(複数回答)

A.NFT(Non fungible token)により裏付けられたデジタルアートの取り扱い
B.オンラインオークション
C.査定サービス
D.低価格帯のオークション

1 2