堅実女子ニュース&まとめ 職場にいる合わない人とストレスをためずに付き合う方法

職場に合わない人がいて、日々ストレスを感じていませんか?合わない人の特徴や原因、うまく付き合う方法を知ることで改善が期待できます。どうしても合わない場合の対処法も確認し、少しでも居心地のよい環境作りに役立てましょう。

職場にいる「合わない人」の共通して見られる特徴

(出典) pexels.com

職場で周囲の人から「合わない」と思われる人には、共通する特徴があります。どのようなタイプの人なのか見ていきましょう。

協調性がなく自己中心的

職場で周りから「合わない」と思われる人は、協調性がなく自己中心的な傾向があります。

職場では一つの業務を複数人で分担して行ったり、協力し合って成し遂げたりすることが多く、人との関わりが欠かせません。

そのような場で助け合いや譲り合いができなかったり、自分中心に物事を進めようとしたりする人がいると、仕事が円滑に進まなくなります。

周りに迷惑が掛かるだけでなく、ストレスにもなるため、次第に「一緒に仕事をしたくない」と思われ、敬遠されるでしょう。

プライドが高い

「常に一番でいたい」「認められたい」というようなプライドの高い人に対して、「合わない」と感じる人も少なくありません。

「負けたくない」というライバル意識が仕事のモチベーションにつながり、高い成果を上げられることもあります。

しかし、過度にプライドが高いと、同じ職場の仲間であるにもかかわらず敵視してしまいがちです。本来は協力し合うべき間柄なのに、足を引っ張ったり、見下したりしてしまうのです。

周りの人を不快な気持ちにさせ、一緒に仕事をしづらい状況を作っていることに気付いていない人も多いでしょう。

一緒にいるとイライラする・疲れる

一緒にいてイライラする人や疲れる人も「合わない」と思われます。

例えば、至急で終わらせなければならない業務なのに、いつもと変わらないペースで進めるマイペース過ぎる人や融通の利かない人は、周りをイライラさせることが多いでしょう。

また、話が回りくどい、前後するなど、説明が下手な人も「何が言いたいのか分からない」とイライラさせたり、疲れさせたりすることが少なくありません。

何か聞きたいことがあっても、「あの人では分からないから、ほかの人に聞こう」と思われてしまうこともあるでしょう。

誰でもできるだけストレスは避けたいと思うものです。一緒にいるだけでストレスがたまる相手とは「関わりたくない」と感じるのも自然なことでしょう。

合わないと感じる原因は?

(出典) pexels.com

どのようなことが「合わない」と感じる原因なのでしょうか?人によって原因はさまざまですが、ここでは主な原因を二つ紹介します。

コミュニケーション不足

よくある原因の一つは、コミュニケーションが不足していて、相手をよく知らないことです。わずかな情報から相手の性格を判断し、先入観や偏見を持ってしまっている可能性があります。

人は、長所よりも短所に気付きやすい傾向があるため、一つの短所で苦手意識を持ってしまっていることもあるでしょう。

また、相手をよく知らないままだと気疲れしてしまったり、物事が円滑に進まなかったりします。そういったことがストレスになり、「合わない」と感じる原因になっているのかもしれません。

価値観の違い

人それぞれ価値観が異なり、その違いが「合わない」と感じる原因になることも珍しくありません。生まれ育った環境によって、物事の捉え方や考え方が違うと感じた経験がある人も多いのではないでしょうか?

例えば、職場でのチームワークを重視する人と、何よりも自分の出世を重視する人とでは、仕事に対する姿勢や考え方が大きく異なります。

仕事重視の人とプライベート重視の人でも働き方が大きく異なり、受け入れがたいと感じることもあるでしょう。

合わない人と上手に付き合う方法

(出典) pexels.com

職場の人とは、たとえ合わなくても「角が立たないようにうまく付き合いたい」と思っている人が多いのではないでしょうか?

そこで、当たり障りなく上手に付き合う方法を紹介します。

長所や共通点を見つける

誰でも長所があるものなので、相手のよい所に目を向けるように心掛けると印象が変わることがあります。

例えば、感情にむらがなく、いつも笑顔であいさつできるといったことでも構いません。まずは、先入観を持たずに相手をじっくり観察してみましょう。

共通点を見つけるのもおすすめです。共通点が一つでもあると親近感が湧いたり、話すきっかけができたりして、相手をより深く知ることができます。

「合わない」と思っていた人が、実は気の合う相手だったということもあるでしょう。

相づちを多用する

意識して相づちを多く使うことで、話を早く終わらせることができます。仕事に関することには、「承知しました」「分かりました」といった言葉を使うことで、相手を不愉快な気持ちにさせずに自然と会話を早く終わらせられます。

仕事に関係のない、人のうわさ話や悪口などに対しては、「ふーん」「そうなんですか」とサラッと流すのがおすすめです。

その場の雰囲気を壊さないように、「そうですよね」などと同調してしまうと、後から思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので注意しましょう。

無理をせず割り切る

相手に合わせようと努めてもストレスがたまるだけのこともあるため、無理せず割り切るのも一つの対処法です。ストレスがたまると、仕事に対するモチベーションが下がったり、ネガティブ思考になったりすることも珍しくありません。

「自分とは価値観が異なる人」と受け入れることで気持ちが楽になり、付き合いやすくなることもあります。

ただし、素っ気ない態度で接したり避けてしまったりすると人間関係が悪化してしまうため、あくまでも自分の中で割り切るだけに留めておきましょう。

どうしても合わない場合は

(出典) pexels.com

さまざまな人がいる職場では、どうしても合わない人もいるものです。そのような場合は、どのように対処すればよいのでしょうか?

必要以上に接点を持たない

無理に相手との距離を縮めようとせず、必要以上に接点を持たないように距離を置くのがおすすめです。

具体的には仕事以外の話には加わらないようにしたり、プライベートでは付き合わないようにしたりすると、適度な距離を保てるでしょう。

ただし、急に距離を置いてしまうと関係が悪化してしまうこともあるため、違和感がないように徐々に接点を減らしていくことが大切です。

仕事上でさほど関わりがない人とは、あいさつ程度に留めると関わりを最低限に抑えられます。

周りに相談してみる

信頼できる周りの人に相談してみるのもよいでしょう。誰かに悩みを話すだけで、心が楽になることもあります。

また、上司に相談すれば、なるべく相手と関わりのない業務に変えてくれるなど、職場環境に配慮してくれることも考えられます。どうしても関わりたくないのであれば、他部署への移動を希望してみるのもよいでしょう。

相談するときは、相手の悪口にならないように気を付けることが大切です。人間関係のトラブルにつながる可能性があるだけでなく、自分の印象も悪くなってしまうでしょう。

まとめ

自己中心的な人やプライドが高い人は、周りから「合わない」と思われる傾向があります。一緒にいて疲れる人も敬遠されがちです。

「合わない」と感じる原因には、コミュニケーション不足や価値観の違いが挙げられます。合わない人とうまく付き合う方法としては、長所や共通点を見つけることや、相づちを多用するのがおすすめです。

無理せず割り切って付き合う、必要以上に接点を持たない、という対処法もあります。どうしても合わない場合は、信頼できる人に相談することで状況が改善される場合もあるでしょう。