堅実女子ニュース&まとめ 一番泣いた邦画ランキング3位『しゃぼん玉』、2位『ミッドナイトスワン』、1位は…泣ける!

家で過ごす時間が増えたことに伴い、これまで以上にさまざまな映像作品を観ているSuits woman読者も多いと思います。感情を揺さぶられ、胸打つシーンでは思わず涙してしまうこともありますよね。

こんなに心揺さぶられる映画に出会えてよかった!!

今回は、gooランキングが発表した「一番泣いた邦画ランキング」をご紹介します。ハンカチなしでは観られない邦画作品、1位は!?

一番泣いた邦画ランキング

3位 『しゃぼん玉』

直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説を映画化した『しゃぼん玉』が第3位。
親の愛情を知らずに育ち、老人や女性を標的に犯罪を繰り返してきた青年が、老婦人との出会いをきっかけに人生を見つめ直していく物語です。

林遣都演じる青年・伊豆見翔人は、逃亡先の小さな村でけがをした老婦人・スマを助け、彼女の家で暮らしはじめます。スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は自らが犯した罪の大きさを自覚するように。

スマを演じた女優・市原悦子の遺作でもある本作は、彼女の包容力あふれる名演技に涙した人も多かったのかもしれません。

2位 『ミッドナイトスワン』

第2位は、草なぎ剛がトランスジェンダー役を演じることで話題となった『ミッドナイトスワン』。「第44回 日本アカデミー賞」で最優秀作品賞および最優秀主演男優賞を受賞し、「2020年を代表する日本映画」と評されている作品です。

心と体に葛藤を抱えながら夜の街で生きる凪沙(草なぎ剛)は、ある日親戚の少女・一果を預かることになります。育児放棄によって孤独な人生を過ごしてきた一果と暮らすうちに、凪沙の心には「母になりたい」という思いが芽生えはじめます。

はじめはぎこちない関係だった二人が、次第に親子のような愛情を育てていく姿に涙した人も多いのではないでしょうか。

1 2