堅実女子ニュース&まとめ 10代が“今推していること”、3位YouTuber、2位韓流アイドル、1位は!?

Suits woman読者のみなさんには“推し”はいますか? アイドルやアニメなど、何かしらのファン活動として若い世代を中心として広がりをみせている「推し活」。長く同じジャンルを推し続けている人や、おうち時間でたまたま見かけた動画で運命的な出会いを果たしてしまった!という人もいるようです。

“推し”という言葉、ライトなオタクを自認する幅広いジャンル&幅広い世代で使われる言葉になりましたね

今回は、バイドゥ株式会社が、日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」の10代ユーザーを対象に調査した「今推していることTOP10」をご紹介します。流行に敏感な10代が夢中になり、推しているものって?

10代が選ぶ「今推していること」TOP10

第10位 コミック作品

最近ではSNSに投稿された短編がバズり、書籍化されるという作品も多く見られます。そのような話題作をはじめ、コミック史に残る名作から、アニメ化・実写化されたものなど、「コミック作品」が10位に選ばれました。
「コミックが元々好きだったから」、「ハマると収集してしまう…」といった意見の他にも、「家族がみんな好きで家にたくさんコミック原作がある!」など、家族で共通の趣味としているという声もありました。

第9位 ライバー

「ライバー」とは、ライブ配信アプリを使い、生放送を行う配信者の総称です。視聴者とリアルタイムでコミュニケーションが取れ、時には自分のコメントに反応してくれる点も「応援している!」と実感が得られるため、そのあたりも推し活の原動力になっているようです。
「ライバー事務所で箱推ししている」「生放送という特別感が好き。推しの少しゆるい姿や生活が垣間見れるのがとても嬉しい」と、ライバーとファンの距離の近さに魅力を感じているという声が聞かれました。

第8位 TikToker

かわいいダンスやおもしろいトークなど、さまざまなジャンルの動画が配信されている「TikToker(ティックトッカー)」が第9位に。短くてテンポのいい動画は、ついつい見てしまいます。「推しのセンスが良くてどの動画もかわいい!!」、「服やコスメを真似して買った」など、流行の火付け役として活躍している人気TikTokerに夢中となっているようです。

第7位 イラスト

「好きなアーティストのジャケットが素敵すぎてそこからハマった!」など、人気アーティストのCDジャケットや書籍の表紙のデザインを手がけるイラストレーターは、その作品とともに推しの対象になっているようです。
その一方で、「自分で推しのイラストを描いている」、「コンテンツ供給が少ないので自作イラストで補填している」と、二次創作での推し活に心血を注ぐ10代のファンも見られました。

第6位 声優

近頃では、TVアニメに限らず、バラエティ番組やラジオ、歌手活動など、活躍の幅を広げる声優が第6位にランクイン。「アニメにハマったら声優さんにも興味を持つようになった」、「アニメのエンドロールを見るのが好きだったからそこから知った」と、アニメ作品から声優を推すようになった声がある一方で、「みんな個性的で優しい。声優さん同士で仲良しで可愛い」と、“声優同士の交流”を推している人も。そこのも推しの対象になるのか…と勉強になります。

1 2