堅実女子ニュース&まとめ あなたは大丈夫?10~40代の9割が目の不調を自覚

コロナ禍で家にいる時間が多いと、スマホをみる時間も多くなりがちです。コンタクトレンズ専門店「コンタクトのアイシティ」を事業展開するHOYA株式会社が全国の10代~40代(男女)を対象に実施した調査によると、コロナ禍でスマートフォンの利用率が増えたと感じている人の割合は70%にも及ぶそう。そのことで目にどんな影響を及ぼしているのか、気になるところです。

全体の3割以上が1日に3時間前後スマホを使っている

そもそも、現代人は1日のどのくらいスマホをみているのでしょうか?同調査が実施したアンケートの結果は以下の通りとなりました。

少数ですが「10時間以上」という人もいました。起きている間はほぼスマホ?

一番多かったのは「2時間以上、3時間未満」で24%。それに続くのは「3時間以上、4時間未満」(22%)という結果でした。つまり1日のうちに3時間前後スマートフォンを利用する人が、全体の約4割を占めているのです。

3時間前後は短くはない時間ですが、そもそもスマホで何をしているのでしょうか?そこで「あなたがスマートフォンを利用する目的のうち、最も利用時間が長いもの」を調査したところ、結果はこちらになりました。

動画よりも現状はSNS関連が多いようです。

一番多いのは「SNS閲覧」で、それに僅差で続くのは「動画視聴」。1位だけでなく上位から6番目には「SNSによるコミュニケーション(アプリ通話を含む)」もランクインしており、2つを合計すると34%を占めることになります。つまりそれだけSNSがらみのスマホ利用が多いといえそうです。

1 2