堅実女子ニュース&まとめ 仕事がつまらないと思う瞬間は?「評価・感謝されないとき」を超えた1位に納得

皆さんは、日々仕事をしていて、なんだかつまらない…、やりがいを感じられない…、と思ってしまう瞬間はありますか?頑張って業務に向かうものの、時に憂鬱さを感じてしまうことも少なくないのかもしれません。

仕事がつまらないと感じたとき…どうすればいい?

株式会社ビズヒッツは、「仕事がつまらない」と感じている417人を対象に「仕事がつまらないと思う瞬間に関する意識調査」を実施。そのデータをランキングで発表します。

仕事がマンネリ化している人が多い?

1位:「変化がないとき」

1位はダントツで「変化がないとき」でした。 同じ業務を毎日こなしている人も多く、ルーティン化しているとやりがいが感じにくくなるようです。コロナ禍で日々テレワークをしていて、通勤や外出をしなくなり、環境に変化がなくなった人が増えたことも原因のひとつかもしれません。

「変化がないとき」を選んだ理由

  • 毎日同じことの繰り返しだと気づいたとき(20代男性、 物流)
  • 同じような作業が一日に何回も続くとき(30代男性、 理学療法士)
  • 同じ作業の繰り返しで、 新しいことや突発的な仕事がないとき(40代女性、 事務)

「同じ作業が続くとき」「毎日同じことの繰り返しになっているとき」「仕事が単調なとき」に、 仕事がつまらないと思うという回答が多数寄せられています。 

その他に「顔ぶれもいつも同じでつまらない」という声も。 仕事内容や職場環境に刺激がないと「マンネリ」「つまらない」と感じる人が多いとわかりました。

2位:評価・感謝されないとき

続く2位は、「評価・感謝されないとき」でした。仕事をこなす上で成功した時には、やはり評価されたいもの。一言あるだけで、活力にもなりますよね。

また昇給やボーナスなどに反映されないのもつまらないと感じる人が多いようです。

「評価・感謝されないとき」を選んだ理由

  • どれだけ頑張ってもお客様や同僚から感謝されず、 上司からも評価されないとき(30代女性、 営業事務)
  • 仕事が評価に反映されないこと(40代男性、 事務)
  • 自分では頑張っているのに評価されないこと(50代女性、 パタンナー)

「仕事が評価やボーナスに反映されないとき」「頑張っても報われないとき」「誰にも感謝されない仕事を、 延々とただこなすとき」などの回答が寄せられています。 

評価や感謝の言葉が仕事へのモチベーションになるので、 「認めてもらえない」と感じるとやる気が削がれてしまいますよね。 

3位:人間関係に不満があるとき

第3位には、「人間関係に不満があるとき」がランクイン。仕事を楽しく続けるなら、人間関係も大切ですよね。

中には、人間関係への不満により「希望を持ってはじめた仕事でも、 職務内容に責任感を持って取り組んでいても嫌になる」という人も。 

「人間関係に不満があるとき」を選んだ理由

  • 同僚や上司と話がうまくできないとき、 非常につまらなく感じます(20代女性、 事務)
  • 職場の同僚たちが、 職務内容と関係ないところで足の引っ張り合いをしているときが一番つまらない(30代女性、 リラクゼーションセラピスト)
  • 人間関係が希薄だったり、 ギスギスしていたり、 また上司の機嫌が悪い職場環境にいるとき(40代男性、 エンジニア)

「ハラスメントやいじめがあるとき」「上司や同僚と性格が合わないとき」「同僚同士の仲がよくないとき」などの回答が寄せられました。

仕事そのものではなく人間関係がうまくいかないストレスや孤独感が原因で、 仕事がつまらなくなる人もいるようです。。

その他にも上位には「暇なとき」「目標・意義を見失ったとき」「仕事が簡単すぎるとき」などが入り、 やりがいや達成感を感じにくい環境で「つまらない」と思う人が多いこともわかります。 

1 2