堅実女子ニュース&まとめ 断捨離でリサイクルショップに行ったら、意外な物が定価20倍以上の超高価買取になった!

コロナ禍でおうち時間が増え、この機会に…と断捨離をする人も少なくないようです。筆者もその中のひとり。今年の初めに祖父が亡くなったこともあり「遺品整理と断捨離を兼ねた大掃除を手伝って」と母から呼び出され、この夏は実家の大掃除を行いました。

捨てるくらいなら少しでもお金になれば…と、数日間かけてさまざまな物をリサイクルショップに売りに行きました。すると、ある意外な物が定価の20倍以上という超高額買取をして貰える結果に…!その“意外な物”も含め、売って良かった物トップ4をご紹介します!

【4位】骨董品

昔からある、捨てていない掛け軸、壺、仏像などをリサイクルショップへ。骨董品って密かに何十万という価値のある物が家にも眠っているのでは…と期待してしまいますよね。とりあえず分かる範囲で価値をネットで調べてみたところ、有名作家の物などは残念ながらないようでした…。価値の高い骨董品系は目利きのいる専門店のようなところで、ちゃんと査定してもらうのが良いようのですが、そのようなお宝はないようだったので、家具家電から骨董品、古着まで扱っているタイプの大手リサイクルショップに持って行きました。

特に有名な作家のものではなかった掛け軸(保存状態はいい)は200円、〇〇焼きというような少し良い焼き物の壺は500円、少し名のある作家の仏像(箱付き)は1番高く、2,000円で売れました。普通車に積み込めるだけ積み込んで持っていき、合計7,000円ほどになりました。置いておくとかさばるものを引き取ってもらえて満足!

【3位】家電

家電は捨てるのに一苦労なので、買い取って貰える物は、買い取ってもらうのがベストだと思います。中古の家電はそこまで高く買い取ってくれる訳ではありませんが、粗大ゴミとして捨てたり、家電リサイクル法に従って引き取ってもらう場合もリサイクル費用がけっこうかかるため、安くても引き取ってもらえるだけお得という感じです。

保存状態が良くても、発売から10年以上経つテレビは残念ながら引き取っては貰えず、まだ3〜4年しか使っていない洗濯機は、購入時の10分の1の値段の1万円で引き取って貰えました。もう全く使わないVHSとDVD用のビデオデッキも1,000円で引取って貰えました。

車で買い取りに来てくれるので、とても便利なのですが、夏休みとかぶっていたこともあり、最短でも3週間ほど先の予約しか取れませんでした。引っ越しなどの場合は、早めに余裕を持って予約した方が良さそうです。

家電を捨てるのはリサイクル費が高い…
1 2