堅実女子ニュース&まとめ 柳楽優弥単独インタビュー!連続ドラマ『二月の勝者―絶対合格の教室―』の気になる中身【後編】

「週刊ビッグコミックスピリッツ」に連載中の漫画を原作にした連続ドラマ『二月の勝者―絶対合格の教室―』(日本テレビ系)で、柳楽優弥さんが主演を務めます。柳楽さんが演じるのは、業界最大手の名門中学受験塾から業績不振の中堅塾に校長として迎えられる凄腕の塾講師、黒木蔵人(くろき・くろうど)です。その他新任講師の佐倉麻衣に井上真央さん、名門中学受験塾のトップ講師で黒木の元部下、灰谷純に加藤シゲアキさん。自身は中学受験の経験がないという柳楽さんですが、近年ますます加熱する受験戦争をどう感じるか? さらに俳優として、自身の夢を実現していく方法について聞きました。

インタビュー【前編】はこちら

クランクイン前、塾講師にインタビューを実施

――『二月の勝者―絶対合格の教室―』は、受験のノウハウを描くだけのドラマではなさそうですね?

「そうなんですよね、黒木の目的は受験に合格させることではあるんですけど。先日、塾講師の方にインタビューしました。受験への向き合い方って、本当に十人十色で。偏差値の高い学校に合格できても、ぎりぎりの成績で入学するとその学校に馴染めない場合もあると聞きました。

家族によっても全然違って、親ばかりが熱心になってしまうケースももちろんありますよね。それでいわゆる名門中学に入学できればいいというわけではなく、その学校の歴史や方針を知り、生徒の資質を的確に見抜くことが大切じゃないかと。その子なりの進路の見つけ方というものが絶対にあるはずです。

名門校に入学させるというステータスを優先しがちだけど、その学校に合うか合わないかが大事で。黒木には親も見透かされるし、子どもの性質も見抜かれてしまう。彼は受験一辺倒で硬くなった筋肉をほぐす、そんな存在なのかなと」

――するとご自身にとって黒木は、ネガティブな存在ではないのでしょうか?

「こんな先生がいたら心強いだろうな、と正直思います。親としては。それは“課金ゲーム”に加わっていることになるのかもしれないですけど、“合格させます”とハッキリ言ってくれる人がいたら、親の不安を消してくれますから。自分が演じる役というのもあって、そんなふうに考えたりします」

――加熱する中学受験の現状を、どう感じますか?

「いやあ…自分も受験したかったな! って(笑)。先生によって、かなり違う経験になるだろうという印象もありますよね。やっぱり子どもに合った学校選びが大事だろうけど、大人になると考え方が頑なになりがちなのかな? と思ったり。ちょっとやわらか~く、人の気持ちに寄り添うことも大事だと感じました」

――いまのところ、このドラマにどのような期待感を抱いていますか?

「本当にもう…ドキドキで。まず健康第一、ということを大前提に進んでいくのはもちろんです。それで、自分はまだまだ完璧じゃない! と思いますけど、こうして主演をいただいた以上、しっかり誠意を持って向き合いたいです。受験とまったく関係ない方が観ても、黒木の言うことが意外と心強かったりするかもしれない。ただ怒って言ってるわけじゃないですから。とにかく絶対にいい作品にしたい。連続ドラマは久しぶりなので、がんばります!」

1 2