堅実女子ニュース&まとめ 仕事の休憩時間に何してる? 3位昼寝・仮眠、2位同僚と雑談、1位は?

仕事の休憩時間を有意義に過ごしている人は71.2%

休憩時間を有意義に過ごしている人、過ごしていない人は、それぞれ何をしている?

「感じる」、「まあ感じる」と答えた人が合わせて71.2%で多数となっています。多くの人が休憩時間を有意義だと感じているようです。

そこで、「有意義に過ごしている人」、「過ごしていない人」それぞれの理由について、具体的に教えてもらいました。

【有意義に過ごしている人の理由】

・同期と一緒にコーヒーを飲んでいます。ざっくばらんに愚痴などを話して、リフレッシュできています(20代女性)
・休憩時間は読書・勉強・昼寝をします。休憩時間をムダに過ごすことなく、自己啓発や体力回復に使えています(30代男性)
・テレビ・スマホゲーム・昼寝。休憩後は頭がスッキリして、また仕事を頑張れると実感しています。短時間でも好きなことをすると、ストレスが軽減されると強く感じます(40代女性)

有意義だと感じている人からは「午後からも頑張ろうという気になれる」「好きなことができて、気分転換になっている」といったポジティブな意見が。
また、休憩中に同僚とコミュニケーションをとっている人からは「同僚と情報共有ができることで、業務が順調に進んでいます」という声も。休憩時間を有意義に過ごすことで、仕事がスムーズになる効果もあるようです。

【有意義に過ごしていない人の理由】

・スマホでゲームをしています。あっという間に過ぎてしまうし、あまりリフレッシュできていません(30代女性)
・スマホゲームか読書。休憩時間が各社員バラバラなため、他の社員とコミュニケーションを取る時間もなく、一人で時間を潰しているだけでまったく有意義ではない(40代男性)
・スマホを見ている。一緒に働いている人と気が合わないので、休憩している方が疲れる(50代女性)

有意義だと感じていない人からは「ついスマホを見てしまい、時間が過ぎる」「ダラダラしてしまう」「同僚との雑談が苦手」などの回答が。なかには「本当は寝たいが、同僚が昼寝をよく思っていないのでできない」と、周りに遠慮して自分のやりたいことができないという人もいました。リラックスすることが難しい場所での休憩時間は、満足感が少なく、有意義に過ごせていないと感じてしまうのかもしれませんね。

仕事の休憩時間の過ごし方としては、好みのドリンクで水分補給と気持ちの切り替えをしている人が多いようです。7割以上の人が、休憩時間を有意義に過ごせていると回答しており、「休憩することで午後からも頑張ろうと思える」など、休憩時間が仕事のモチベーションアップにつながっているという声もありました。やる気を高める休憩時間の過ごし方、あなたも考えてみませんか?

【参考】※ 株式会社ビズヒッツ
【調査概要】
調査対象:現在お仕事をしている方
調査日:2021年9月5日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:500人(女性316人/男性184人)

1 2