堅実女子ニュース&まとめ 独学で取得した資格ランキング、2位FP・語学系、1位は?

仕事をしていく上で、時に資格が必要な場面もありますよね。またキャリアアップを目指す方や転職予定の方なども、仕事と両立して独学で資格を取りたい方も多いでしょう。

株式会社ビズヒッツは、働く男女500人を対象に「独学で取得した資格に関する意識調査」を実施。社会人が独学で取得した資格をランキングで発表します!

独学で取得した資格で最も多かったのは?

プライベートや将来性の高い資格が人気傾向!

独学で取得した資格、1位は「簿記」でした。 「簿記」は、公認会計士や税理士といった国家資格を必要とする仕事で、必ず持っているべき資格の一つ。

お金・財産に関する営業取引の際に帳簿に記録することを指しており、会計士等だけでなく経理に関連する仕事の場合、持っておくと便利な資格と言えるでしょう。

また、個人で仕事を行なっているフリーランスの方も持っておくと節税などにもつながり、事業を円滑に回しやすくなります。

2位は「FP(ファイナンシャル・プランニング技能検定、 ファイナンシャルプランナー)」と、TOEICや英検といった「語学系資格」が同率で並びました。 

独学での勉強ということもあり、日々コツコツと積み重ねて勉強していける資格が多いように見受けられます。

独学での資格取得方法は「市販のテキスト」がトップ!

手軽に手に入る市販のものが大多数!

続いて、独学で資格の取得を目指すための勉強方法について聞いてみると、「市販のテキスト」を利用している方が411名と圧倒的な割合を占めました。

独学で勉強する約8割の人は、書店等で手軽に購入できるテキストを手にして、勉強を行っているようです。

続いて2位に「市販の問題集」「過去問」と続き、アプリや動画サイトなどのネットを利用している方もいることがわかりました。

「市販のテキスト」を選んだ方のコメント

  • 市販のテキストを1冊購入し、 繰り返し勉強した(20代女性、 FP3級を取得)
  • ネットで評価のいいテキストを検索し、 それを勉強した(30代男性、 危険物取扱者を取得)
  • 書店で一番安いテキストを購入し、 通勤の電車の中で毎日読み、 休みの日にノートをまとめた(40代女性、 アロマテラピー検定1級を取得)

市販のテキストは、さまざまな種類があるので、複数買って傾向・対策の違いをチェックしたという方もいらっしゃいました。

また2位以降に「市販の問題集」や「過去問」が続くことから、テキストを利用した後に問題集や過去問を合わせて活用している方も多いことがわかります。

1 2