堅実女子ニュース&まとめ パート・アルバイトの募集時平均時給、西日本は過去最高1,239円!最も高額な専門・技術職の時給は?

コロナ禍で不況や収入減などの厳しい話題が多い中、ちょっと希望が持てる景気のいい話題を一つ。総合人材情報サービスの株式会社アイデムが行ったパート・アルバイト募集時平均時給の集計によると、2021年9月の平均時給が東日本エリアが1,211円、西日本エリアが1,239円と比較的高値であることが判明。ちなみに西日本エリアの平均時給は、集計以来過去最高額を記録。では職種によって、エリアによって、時給の差はどれくらいあるのでしょう。以下で詳しいデータをチェックしていきましょう。

東日本エリアの平均は1,211円、専門・技術職は1,631円

東日本エリアの平均時給は、前年同月比15円増しの1,211円。職種別に見ていくと、最も多かったのは「専門・技術職」で1,631円、こちらは前年同月比11円減という結果に。その他の職種は、前年同月比で見るとプラスの傾向に。特に大きな増加があったのは、「事務職」(前年同月比+41円)と「販売・接客サービス職」(同+40円)でした。

※東日本エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県の49,438件を集計。

★東日本エリア全体平均時給(職種大分類別)★
「専門・技術職」1,631円
「清掃・メンテナンス職」1,094円
「製造関連・ドライバー職」1,072円
「事務職」1,068円
「販売・接客サービス職」1,041円
「飲食サービス職」1,009円

ちなみに関東4都県の平均時給は前年同月比21円増しの1,233円。都県別平均時給で見ると、神奈川県1,260円、東京都1,240円、埼玉県1,217円、千葉県1,195円の順になり、前年同月比と比べプラスだったのは東京都と埼玉県でした。

コロナ禍でパート・アルバイトの雇用を一時停止したところも。ようやく再開、そして時給アップの兆しも…!?
1 2