堅実女子ニュース&まとめ ズボラ女子もできる簡単「ポイ活」始めよう!今の生活で貯められるポイント、見逃してない?

みなさん「ポイ活」はしていますか?最近はよく耳にするようになった「ポイ活」。ポイントを貯めたり使ったりする活動のことです。コンビニなどで買い物をすると「ポイントカードはお持ちですか?」とか「〇〇カードはお持ちですか?」とか聞かれますが、何も持ち歩いていない筆者…。「持っていたら今頃ポイントが貯まっていたのかな…」と毎度、惜しい気持ちにもなります。

しかし、筆者のイメージするポイ活は、「カードを何枚も持ち歩き、貯まったポイントを把握して、使える場所を探して使う」というような、すごく面倒くさいもの…。“マメな人にしかできないこと”と思っていたのですが、どうやら「普通に生活し消費するだけでポイントが貯められる」というズボラ女子向けのポイ活もあるそうなのです…。今回は『ポイ活界の達人』に、ズボラ女子にも始められるポイ活をご教授いただきました!

株式会社ポイ探 代表取締役の菊地崇仁さん

ポイ活の鍵はクレジットカード

お話を伺ったのは、株式会社ポイ探 代表取締役の菊地崇仁さん。約100枚ものクレジットカードを所有し、「ポイントの達人」や「クレカの達人」として、TVやWEBなど、さまざまなメディアから注目されています。菊地さん曰く、継続しやすく、最も簡単な基本のポイ活は、クレジットカードとのこと。

「クレジットカードは1度作ってしまえば、あとは普通に使うだけでポイントが自動的に貯まる仕組みができます。クレジットカードを選ぶ鍵は、ポイントが使いやすく、還元率の良いクレジットカードを選ぶということです」と菊地さん。

クレジットカードは持っており、固定費などをそこから支払っているものの、それによって何のポイントも貯まっていないと思っていた筆者。「…すごく、もったいないですね…」と菊地さん。ポイントが簡単に使えるクレジットカードだったら、今頃貯まったポイントを使えているのだそう。特に固定費などは勝手に毎月引き落とされるもの。それにより、何もしなくても勝手にポイントが貯まるという仕組み。聞けば聞くほど、今まで損していた気分です…。

還元率の良いカードとは

ポイントを貯められるクレジットカードを選ぶときにチェックしたいのが「還元率」だそう。還元率とは、クレジットカードの利用金額に対して、いくら分のポイントが返ってくるかということ。一般的なクレジットカードの還元率は「0.5%」前後で、これは200円の買い物をすると「1ポイント(=1円相当)」もらえるということです。還元率が「1%」以上のものは還元率が高いと言え、100円使うと「1ポイント」もらえることになります。

「還元率1%以上で、年会費無料または実質無料のカードを選ぶといい」と菊地さん。「効率良くポイントを貯めるには、ソフトバンクならTポイント、docomoならdポイント、auならPontaポイントというように、自分の携帯キャリアから考えるのもオススメのクレジットカードの選び方です」とのこと。

ズボラ女子にもできるポイ活の始め方

『ポイ活の達人』菊地さん曰く、「ポイントを貯めるために、わざわざ自分の行動を変えて貯められる店に行く、というのは本末転倒」とのこと。確かに、自発的にポイントを貯めに行くのでは継続は難しそうです。“自分ができる範囲で”行い、“100点を目指さない”のが菊地さんの考えるポイ活なのだそう。それなら、ズボラ女子にも続けられそうです!ポイ活を始める具体的な手順をご教授いただきました。

生活圏で使えるポイントを洗い出す

まずは自分の行動範囲内で、どんなポイントが使えるか洗い出します。「よく買い物する場所やサイト」「ケータイのキャリア」「よく行くコンビニ」などから、使いやすいポイントを洗い出します。

筆者の場合『Amazon』で頻繁に買い物をするので、『Amazonマスターカード』を作るのが効率的だとご教授いただきました。カードを使うことでAmazonのポイントとして還元され、Amazonで使えるので、確かにお得。さっそくカードを申し込みます。

カードを作り、固定費などを紐づける

カードを作ったら、固定費などがそこから引き落とされるようにします。筆者の場合、ケータイ料金、ネット回線、ガス、電気、Suica、Apple Payなどを、とりあえず紐づけました。こうすることで、勝手にポイントが貯まる仕組みができます。

菊地さん曰く、「たくさんのカードを持つのではなく、どれだけひとつのカードに絞れるか」が重要とのこと。(菊地さんは100枚近いクレジットカードを持っているにも関わらず…)ひとつに絞ることで、効率良くポイントを貯められるのだそう。

ひとつのカードを使いまくる

ひとつのカードに絞ったら、後はできるだけ使いまくるのみ。「ポイントを貯めることで、カードを使うことが節約につながる」と言う菊地さん。節約と言うと“買わない”、“使わない”、というイメージですが、そうではなく、消費はするけれど還元されるという、ポジティブな節約とのこと。精神衛生的にも良いのだそう。確かに使っても「ポイントが貯まる!」と思うと得した気分になれます。

迷ったら“4大共通ポイント”が便利

「どのカードを作ればいいのかわからない!」と迷ったら、まずは“4大共通ポイント”から選ぶといいのだそう。「Tポイント」「楽天ポイント」「dポイント」「Pontaポイント」は“4大共通ポイント”と呼ばれており、これらのポイントのカードは、どれも還元率が1%以上で、年会費無料なので、オススメとのこと。その中から、自分のケータイキャリアから選んだり、生活圏の中で使えるかをチェックし、使いやすいカードを作ることで自然とポイントが貯まる仕組みができるのですね。

“4大共通ポイント”の特徴
よく聞く「Tポイントカード」も使える・貯まるお店はたくさん

菊地さんのおかげで、筆者も無事、ポイ活を始めることができました。どれくらいポイントが貯まるかな…とカードを使う度にちょっとワクワク!クレジットカードのポイ活は、作って紐づけしてしまえば、後は放置してOK。とても簡単だったので、この機会にぜひ、貯められて使えるポイントを見直してみてください!

取材・文/まなたろう