堅実女子ニュース&まとめ 家業のラーメン店が全焼!どん底時代も軽やかに乗り切ったアン ミカ両親の教え【インタビュー】

いつもポジティブでハッピーなオーラを纏う、モデルでタレントのアン ミカさんが、2021年9月29日発売の『ポジティブ手帳2022 365日、アン ミカ思考で幸運体質!』をプロデュース。

インタビュー【1】では、この手帳をどんな想いで作ったのか、アン ミカさんらしい工夫した点などをお伺いし、毎日の暮らしのなかで、スケジュール帳として手帳を使ううちに、ポジティブな言葉を自分の中に自然に貯めていくことができるのがわかりました。

今回は、アン ミカさんに書くことの大切さや、占い捉え方、ポジティブなアン ミカ思考の原点となったご両親のふるまいや教えについてのインタビューです。

アンミカ/1972年生まれ。韓国出身、大阪育ち。1993年パリコレ初参加後、モデル、タレントとして、TV、ラジオ、ドラマ、CMへの出演など幅広く活躍。「漢方養生指導士中級」「オーラソーマプラクティショナー」「日本化粧品検定1級」などの多くの資格を活かし、化粧品、洋服、ジュエリー等をプロデュース。テンカラット所属。インスタグラム@ahnmikaofficial

学びと発見があれば失敗はない

――お話を伺ってきて、この手帳があることによって、月や星の動きとか運気とか、そういった流れにうまく乗っていくことで、悪い時期も上手にかわしてやりすごせるように導かれるのかなと感じました。アン ミカさんご自身も、実践されてきたことなんですよね。

アン ミカさん(以下、敬称略)「そうなんです。私も若いときはがむしゃらに、ここは負けられないって戦おうとしてしまった時期もあったんですよね。でもそれはいい失敗をしたなと思っています。親が、失敗っていうのは本当はなくて、私が傲慢になったときが本当の失敗であって、自分が失敗したと思っているうちは、そこに学びと発見があるから、失敗ではないんだと教えてくれました。

だからカレンダーにも、失敗したと思うことがあっても、何が反省点であるかを見据えて、こうすればよかったかなと学びつつ、悔いる時間に自分を長く没頭させる必要はないと書いています。起きてしまったことですし、それを知っている人の記憶もそんなに長くはない。傷つけてしまった人がいたら謝るべきですが、そうでないなら、学びと発見を次に生かすぞというポジティブさで、次の波に備えるためのオールやエンジンとして生かしていくという考え方ですね」

悪く言われても怒りで返さない、冷静さ

――それらの考え方の根本には、親御さんからの教えがあるということでしたが、どういう方だったんでしょうか?

アン ミカ「両親はどちらもすごく穏やかな人でした。周りを傷つけず、自分もたくましくしなやかに生きるための知恵という武器を身に着けるために、失敗は存在しているという考え方をしていたんですね。

幼少期に、ちょっと韓国人差別を受けたことがありました。学校帰りに一緒に遊ぶはずだった友達から『お母さんが、ミカちゃんは韓国人だから遊んじゃだめって言った』と言われて、びっくりしたんです。もともと韓国人も多く住む地域だったので、そういうことを言われたことがなく、モヤモヤしてショックで、何が悪いのか分からなかったんです。

当時、うちの親は日本語の話し方で韓国人だなってわかる感じでラーメン屋さんをやっていて、近所の方はみんな食べに来てくれていたので、そもそも韓国人だということを知っているんです。でもそこで、親が『今更何を言うのよ』とか、『そんな嫌な子とは遊ばなくていい』とか言っていたら、私は今のような考え方にはならなかったと思うんです。

実際は、私が『こんなことを言われた』と訴えたときに、母親は『韓国のいいところを知らないのね、教えてあげればいいのよ』と言って、私にアルバムで綺麗な滝や風景などを見せて『ミカちゃんは行ったことがなかったよね』と、一生懸命、韓国の素晴らしさを教えてくれました。

そして『みんなをよかったらお店に呼んであげて』と言い、同級生や親御さんを何組かに分けて呼んで、みんなが大好きなラーメンや餃子に加えて、プルコギとか子供の好きそうなちょっとご馳走になる韓国料理をふるまったんです」

――あらぬ誤解を受けて怒るのではなく、だったら楽しい方法で自分たちを理解してもらおう、って考えられるはスゴイですね。

アン ミカ「そうなんです。私は実は、比較的感情的になりやすい性格なんですよ。だからこそ、親の、もっと波に乗るときは乗って、逆風のときには抗うのではなく、静かにするときは計画するとき、という考え方には、大きく影響を受けました。

家業のラーメン屋さんが成功して、やっと普通の人以上の生活になりかけたときに、お店が自然発火で火事になったんです。そしてもう1店舗、お父さんが住み込みで行っていた映画館の1階にあった支店が、実家の火事の半年後にたまたま、映画館への放火で全焼して。

実家の火事の時は偶然、昼休みで学校の窓から見てたんですが、まさか自分の家が焼けているとは思いませんでした。両親はそのときちょうど結婚式で出かけていて、形見のジュエリーとか一張羅とか時計とか、身に着けて出かけていたんですね。それは不幸中の幸いではあったんですが、帰ってきたら家がない、みたいな(笑)。

お父さんもお母さんも本当に愕然としてたんですけど、なんか嘘みたいな出来事すぎて、むしろ笑けてくる、みたいな。結婚式でもらってきた紅白饅頭をみんなで焼け跡でむしゃむしゃ食べながら、本当にしゃあないよね、みたいな感じで、親戚のところに分かれて住むかーみたいな現実的な話を、ケラケラ笑いながらしていました。

お父さんとお母さんが、私たちに辛いネガティブなところを見せなかっただけだと思うんですけど、本当にすごく教えられたなと思います」

差別を受けたり、どん底の状況になっても、決してネガティブにならずに、冷静にどうするべきかの策を練るというご両親の冷静さ。感情にむやみに流されないということを、インタビューでお話を伺うことで、私たちも学ばせていただいた気分です。

インタビュー【3】では、『ポジティブ手帳2022 365日、アン ミカ思考で幸運体質!』の中についてくるワークシート「7つの光の木」について、アン ミカさんが実際に使った経験を踏まえてお話いただいています。

アン ミカ思考を読んで知った次は、自分の状況や気持ちに当てはめて、どう取り入れていくか?が大切。そんなときにワークシートが役に立つのです!お楽しみに。

『ポジティブ手帳2022 365日、アン ミカ思考で幸運体質!』B6判・透明カバーつき・224ページ 1,980円(税込)小学館刊
https://www.amazon.co.jp/dp/4099420248/

取材・文/安念美和子 撮影/前田 晃