堅実女子ニュース&まとめ 「報われる」の正しい意味とは?努力が報われる人の特徴も紹介

努力を重ねた人が目標を達成したときに、『報われる』という言葉が使われます。意味や使い方について詳しく見ていきましょう。努力が報われやすい人と、報われない人の特徴についても解説します。違いを知り、頑張る際の参考にしましょう。

「報われる」とは?

(出典) pexels.com

言葉の意味や成り立ちを詳しく解説します。使い方と例文を見て、『報われる』について理解を深めましょう。

「報われる」の意味

読み方は『むくわれる』で、『自分の行為や苦労に対し、相応のものが返ってくる』『自分の努力に対し、期待した成果が得られる』ことを意味します。

『受けた事に対し、見合うだけの行為を相手に返すこと』を意味する『報いる、報う』という動詞があります。『報われる』は『報いる』に助動詞の『れる』をつけて、受け身にしたものです。

「報われる」の使い方

『報われる』は、努力や苦労に対する結果を表すときに使います。行動だけではなく、気持ちを表現する場合にも当てはまることを覚えておきましょう。

・苦労が報われなくても、諦めてはいけない。

・努力の積み重ねは、どんな形でもいつかは報われる。

・彼女の地道な頑張りが、いつか報われますように。

・長年彼を慕ってきた。しかし、気持ちが報われることはなかった。

努力が報われる人の特徴

(出典) pexels.com

努力する人すべてが報われれば良いですが、現実ではなかなかそうはいきません。しかし、努力が報われる人には共通の特徴があります。さっそく見ていきましょう。

努力する目的を明確にする

努力が報われる人は、どうなりたいか、どうしたいかという目的をはっきりさせています。そうすることで、目的を達成するためには何をすべきか、具体的なプランを立てやすくなるのです。

そして、具体的なプランを立てたあとは「スキルアップのために資格を取る!」や「3kg痩せるために頑張る!」など、目的とプランを周りに宣言します。

人の目を利用して自分を追い込み、必要な情報や協力者を引き寄せる効果があるためです。

素直に人の言葉を聞ける

努力する目的を宣言することで、周りに相談しやすくなり、アドバイスをしてくれる人も現れるようになります。 努力が報われやすい人は、素直に人の言葉を聞き、感謝できることが特徴です。

行き詰ったり悩んだりしたときはすぐ相談し、有効だと思ったアドバイスは柔軟に取り入れます。 しかし、すべてを鵜呑みにするわけではありません。

努力が報われやすい人は、自分に合わない方法だと思っても、助言に対して感謝します。そうした姿勢のため、周りの人から応援されるのです。

努力の仕方を定期的に見直す

目的を達成するために努力をしていても、やり方が合っているとは限りません。 最初に決めたやり方にこだわりすぎてしまうと、努力すること自体が目的になってしまう危険性があります。

努力が報われやすい人は、努力の仕方が間違っていないか、もっと効率のいい方法はないかと、定期的に見直すことができるのです。

どう努力したら目的が達成できるかを常に考え、 周囲に相談したり、読書をしたりと情報収集を怠りません。努力が報われやすい人は、常に新しい知識を身に付け、さまざまな角度から物事を見る努力もしています。

なかなか報われない人の特徴

(出典) pexels.com

努力が報われる人とは逆に、報われない人も多くいます。こちらでは、なかなか報われない人の特徴について見ていきましょう。

あちこち手を広げすぎている

目的を達成するために努力することは大切ですが、優先順位をつけて取り組まないと、頑張りが無駄になってしまいます。

とくに、完璧主義で自分に厳しく、ハードルを高く設定しがちな人は、なかなか報われない傾向にあります。

完璧にこだわりすぎて、目的を達成する過程であちこち手を広げすぎてしまうためです。目的からズレた努力に時間と労力を費やすことになり、報われない結果になってしまいます。

無理やり頑張っている

なかなか報われない人の特徴として、嫌々努力をしていることがあげられます。目的に対してモチベーションが保てず、無理やり頑張っているのです。

原因は、周りの人に流された目標設定をしていたり、評価を気にしすぎたりすることです。自分の軸がわからなくなり、本来何をしたかったのかを見失ってしまいます。

また、無理やり頑張っている人は、努力の効率が悪いことも報われない原因です。努力することに対して楽しみややりがいを見いだせないため、惰性で頑張ってしまい、報われない上にストレスや疲れが溜まります。

まとめ

『報われる』とは、『自分の行為や苦労に対して、期待した成果が得られる』という意味です。行動だけではなく、気持ちに対しても使うことができます。

人は目的のために努力をしますが、必ず報われるわけではありません。努力が報われる人と報われない人には、行動や考え方に違いがあります。

目的に向かって頑張ることは、最終的に自分のためになります。報われるまで努力するモチベーションも大切ですが、報われなくても自分の成長に繋がることが多くあるでしょう。努力自体を楽しめる意思が、報われるために必要なのです。