堅実女子ニュース&まとめ 6割以上の既婚者が離婚の危機を経験!起死回生の仲直り方法とは?

恋愛やお見合いなど出会い方は様々ですが、その後愛を育んで結婚し、幸せな毎日が待っている…かと思いきや、毎日一緒に過ごしていれば、やはり意見が合わずにケンカなどしてしまうことも多々あるようです。

ケンカは収束が難しい…。

そこで今回は「アニヴェルセル総研」が、全国の20代~30代の既婚男女208名の方を対象にした 「別れるピンチ」 についての調査結果をご紹介します。

別れるピンチを経験した既婚者は64%!

結婚してから、ケンカで別れのピンチを経験したことのある既婚者は、なんと64%もいることが判明。ではそのピンチをどのように乗り越えたのか、ランキング形式でご紹介します。

4割弱の人がピンチなし!とラブラブな回答。

1位 自ら謝る(43.8%)

4割以上の方が「自ら謝る」と回答。仲直りする時には、やはり潔く謝るというのが解決への近道かもしれません。意地を張り合っていてはいつまでもその状態を解消できなくなってしまいますしね。

2位 電話で話す(25.0%)

4人に1人が「電話で話す」を選びました。ヒートアップしてしまうと、面と向かって話すのはなかなか難しいかも…。あえて電話で話すことで、お互いに冷静に話し合えるのかもしれませんね。

3位 とことんケンカする(21.6%)

5人に1人が「とことんケンカする」を選びました。お互いに思っていることをぶつけあってしっかり話し合うことで、 お互いの心の中のわだかまりを徹底的に解消させるという方法ですね。解消できない場合がちょっと怖いですが…。

4位 距離を置く(19.7%)

こちらも約2割の方が回答していました。お互いに少し落ち着いてみるということでしょう。相手の主張も冷静に受け止めつつ、自分のことも省みてみるという大人の対応が感じられる方法ですね。

5位 食事に行く(14.4%)

こんな解消法もあるのですね。確かにお腹が空いていると、イライラしてしまうこともありますし、まずは一度ご飯食べてから…というのも素敵な解決法ではあります。大ゲンカ中だと「それどころじゃない!」となってしまう危険性もありますが…。

6位以降は「手紙を書く」「プレゼントを贈る」「想い出を振り返る」「家族や友人を頼る」「旅行に誘う」などがランクインしました。
「別れるピンチが訪れたことはない」というラブラブな方は、 36.1%という結果になりました。

実際に効果があった仲直り方法は?

今度は、実際に仲直りできた!という方法のランキングをご紹介します。

圧倒的に「謝る」でした。

1位は圧倒的に「自ら謝る」でした。謝るのが、やはり一番早い仲直り方法なのかもしれません。そして2位には「とことんケンカする」がランクイン。もはや家族同士なのですから、逃げるわけにはいかないですもんね。3位は「距離を置く」。お互いにクールダウンする時間は必要ということですね。

その他、家族や友人など周りに頼る方法や旅行に誘ってみるなど、皆さんあの手この手で仲直りしようとされている様子がうかがえました。ピンチを乗り越えるごとに夫婦の絆が深まっていくのですね。