堅実女子ニュース&まとめ カップルで意見が分かれやすい住まいの条件1位は「間取り・広さ」、設備1位は?

部屋の設備で意見が分かれるものは?

今度はお部屋の中の設備で意見が分かれがちなものを早速チェックしてみましょう。

最も多いのは収納スペース。物持ちかどうかで考え方が変わりそうですね。

設備編の1位は「収納スペース」でした。
「趣味のこだわりが強いと意見がまとまらないです。 男性は車・バイクのスペース、 女性は服のクローゼットを重視していました」といった声も。確かに自分がこだわっているモノには妥協できないですもんね…。

2位は「カウンターキッチン」。ここは料理をする人、あまりしない人でこだわりっぷりが全然違いますよね。
「先に内見した男性は水回り・キッチンなどにこだわりはなく申し込んだが、 女性があとから内見をして、 水回り・キッチン収納が気に入らずキャンセルになりました」なんて声もあり、別々に内見をしたことで起きた悲劇も…。
3位は「追焚き機能」がランクイン。これもお風呂にこだわる派とこだわらない派で別れますよね。

その他カップルならではの大変なエピソードも

こんな意見もありました。不動産業者の皆さんもいろいろ苦労をされていますね…。

・女性は「今後ペットを飼う可能性があるのでペット可物件が良い」と言い、 男性は「ペット可物件でなくても良い」と言ったので紹介に苦労しました。 (千葉県)
・彼氏は駅近重視で、 彼女は環境重視で分かれ、 1年間決まらずいたお客さまがいました。 (神奈川県)
・ケンカが始まってしまい、 別々に見に行くことに。 後日、 仲直り後にもう一度お二人で内覧し、 ご成約いただきましたが別々にご案内しているときは不思議な気持ちになりました。 (福島県)
・賃貸物件での生活や部屋探しに慣れている方と、 実家をはじめて出る方とでは欲しい設備がぜんぜん違うことが多いです。 (福岡県)
・ご両親も一緒に来られて、 みなさんの意見がバラバラでまとまらなかったことが大変でした。 (熊本県) 

カップルでお部屋を選ぶ時は、ぜひ上記の様なことを先に話し合ってから、内見に行くようにしたいものですね。

■調査対象
「カップルのお客さまの接客を担当したことがある」と回答した全国のアットホーム加盟店 1,074 店
■調査方法
インターネットによるアンケート調査
■調査期間
2021年9月2日(木)~9月9日(木) 

1 2