堅実女子ニュース&まとめ 18歳以上の7割が「漫画からプラスの影響をうけた」。知識が増えた漫画1位は?

日本人のみならず、今や年代問わず世界中で愛されている日本の漫画。東京オリンピックの開会式では各国選手団のプラカードに漫画の吹き出しや集中線のデザインが採用されたのも、記憶に新しいところです。

日本人の2人に1人は「年に1冊以上はマンガを読む」

では日本人の大人は、どのくらいの頻度で漫画を読んでいるのでしょうか?CCC マーケティングカンパニーが18~69歳の男女1,504名を対象に実施したアンケート調査によると、全体で「年に1冊以上読んでいる」と回答した割合は53.1%と半数以上に。18歳以上の日本人の2人に1人が年に1冊以上マンガを読んでいることが分かりました。ほか、年代別による調査結果は以下の通りとなりました。

10代から40代は8割弱が年に1冊以上漫画を読んでいました。

とはいえ子どもだったころ、親などに「漫画ばかり読んでないで勉強しなさい!」と怒られた経験はないでしょうか?しかし実際のところ同調査によると、漫画を読むことで「プラスの影響を受けた」と回答した人は、72.2%に及ぶことが分かりました。では具体的にどんなプラスの影響をうけたのでしょうか?調査結果は以下の通りとなりました。

漫画でうけた具体的なプラスの影響

知識が増えた……74.0%

価値観・人生観が変わった……45.4%

新しく友達ができた……13.0%

旅に出た……6.4%

習い事を始めた……4.4%

圧倒的に多かったのは「知識が増えた」。「漫画ばかり読んでないで勉強しなさい」という小言をよそに、漫画を読むことで勉強になったという意見がこれだけ多いのです。ほか「価値観・人生観が変わった」「新しく友達ができた」といった、素晴らしい影響があった人も多数いることが分かりました。

1 2