堅実女子ニュース&まとめ トランクルームにはさまざまな使い方が!「趣味の部屋」としての利用者は3割弱

家の荷物などを置く収納庫として活用できる「トランクルーム」。最近では、マンションの共有部分やコインランドリーの一角など、さまざまなところに併設されていますよね。今回は、トランクルームの使い方についての調査を実施。その結果、意外な使い方や使い始めたきっかけなど、ユーザーの具体的な利用理由が明らかとなりました。

トランクルームの使い方の2位は「趣味の部屋」

トランクルームの活用方法もさまざま!プライベートの使用も多い…?

まずは、トランクルームの主な使用方法について質問をしてみました。その結果、1位に41%で「家に置けない荷物を保管」、2位に26%で「趣味の部屋」、3位に10%で「季節ものの荷物を保管」となりました。

1・3位は、荷物の保管として利用というトランクルームの基本的な使い方となりましたが、2位には趣味の部屋としてという回答が多く、「趣味の道具を保管」「コレクションを並べる」「作業を楽しむ」という3つの使い方が見られました。 

トランクルームは、モノを保管する場所としての使用が基本となるため、趣味のモノを並べて自分の空間として活用する方も多く見受けられます。またシンプルな荷物保管以外の使い方では57%となり、意外にもさまざまな活用方法があるようですね。

トランクルームに預けているモノの4割以上が「趣味関連」

趣味のコレクション部屋にトランクルームを活用する人も多数!

保管物の内容について聞いてみたところ、趣味関連が42%となり、4割以上を占める結果となりました。具体的には、「趣味のコレクション」が13.0%でトップとなり、次いで「書籍・雑誌類」が12.0%、「アウトドア用品」が9.0%という結果に。また「スポーツ用品」「車・バイク・自転車関連」など、外での趣味に関連するものを保管している方も多いようです。

他にも、家にたまった本をトランクルームにまとめて整理し、書庫として使っているという方も見られました。 単に保管するだけでなく、 ものを丁寧に保管するために活用するといった使い方もできるようですね。

また少数意見にも工夫いっぱいの使い方あり、 外出先付近で着替えやカバンを置けるスペース・秘密基地、防災用品置き場、家ではかさばる防災袋や備蓄品の保管など、ユニークな使い方もありました。用途に合わせて活用できるのもトランクルームの利点と言えるでしょう。

1 2