堅実女子ニュース&まとめ ヨーグルトの好きな味TOP3!ストロベリー、ブルーベリー、もうひとつは?

美容や健康に効果が期待できる「ヨーグルト」。日々の食生活に取り入れているSuits woman読者も多いのではないでしょうか。バリエーションがさまざまあるヨーグルト、何味が好きですか?

冷蔵庫の中に常にストックしている人も多そうです ね

今回は、LINEリサーチが全国の男女を対象に実施した「ヨーグルトに関する調査」の結果をご紹介します。ヨーグルトを食べる頻度や、好きなヨーグルトの味についてみていきましょう。

ヨーグルトを「週1日以上」食べている人は、約半数

まず、ふだんヨーグルト(市販のもの、自家製などすべて含む)をどのくらいの頻度で食べているかを聞きました。

全体で、ヨーグルトを「週1日以上」(「ほぼ毎日」「週に2~5日」「週に1日」の合計)食べる人は約半数いることがわかりました。「週1日以上」食べる人は、男性46%、女性59%と、女性のほうがヨーグルトを食べる頻度が高い人が多いこともわかりました。

グラフにはありませんが、食べる頻度が高い「ほぼ毎日」の割合を男女別にみると、女性25%、男性18%と、女性のほうが割合が高くなりました。特に割合が高いのは50代女性で、4割弱。男性は「ヨーグルトは、まったく食べない」という人が女性よりも多く、1割超いました

年代別にみると、「週1日以上」食べる人の割合は、20代がもっとも低く、以降年代が上がるにつれて高くなっています。

ヨーグルトは、味のバリエーションも豊富ですし、自分でアレンジすると、その幅はより広がります。そこで、続いては“好きなヨーグルトの味”を聞きました。

好きなヨーグルトの味、フルーツ系が人気の傾向に

ふだんヨーグルトを食べる人に、市販の味、自分でアレンジをする味などすべて含め、好きなヨーグルトの味を聞いたところ、全体のTOP3は、「ストロベリー/いちご」「ブルーベリー」「アロエ」のフルーツ系が僅差でランクイン。

年代別にみると、どの年代でも上位の割合に大きな差がなく、複数の好みがある様子がうかがえます。10代と40代では「ストロベリー/いちご」がTOPで、特に10代では5割弱と高い割合です。10代の2位以降は「アロエ」「加糖のプレーン」がランクインし、それぞれ4割台と高い割合となりました。

「ブルーベリー」は、どの年代でも上位にランクインしており、年代による好みの差はみられませんでした

「アロエ」は10~30代で人気がありTOP2以内にランクインしています。特に10~20代では4割超の高い割合ですが、年代が上がるにつれて割合が低くなり、50代では6位と2割台にとどまっています。
プレーン味は、10~30代では「加糖のプレーン」が無糖を上回り、上位にランクインしています。10代では「無糖のプレーン」はランキング外でした。30代で「無糖のプレーン」の割合も高まり、40~50代では加糖を抑えて「無糖のプレーン」が上位にランクイン。特に50代では1位となっています。そのままで食べても、トッピングを加えても楽しめるというのも魅力のひとつかもしれません。

多くの人の食卓にヨーグルト製品が並んでいることがわかる調査結果でしたね。食事代わり、おやつ、デザートと、食べる目的やシーンも人それぞれありそうです。あなたのお気に入りの味は何位にランクインしていましたか?

【参考】※ LINEリサーチ
【調査概要】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年8月31日~2021年9月1日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります