堅実女子ニュース&まとめ 既婚者との恋愛はリスキー!「知らずに不倫」を避けるための方法とは

既婚者の男性には独身男性にはない魅力がありますが、既婚者と恋愛をすることはリスクが高いため、避けるべきです。しかし中には、自分が既婚者であることを隠し、女性と関係を持つ男性もいます。彼が既婚者かどうか、見抜く方法を身に付けましょう。

既婚男性が魅力的に見える理由

(出典) unsplash.com

不倫はいけないと分かっていても、既婚者の男性は魅力的に見えてしまうものです。なぜそう感じてしまうのか、既婚男性の魅力について解説します。

既婚者ならではの余裕

結婚して妻帯者となった男性には、精神的余裕があります。一人の女性に生涯の伴侶として選ばれたという、男性としての余裕です。

一生を共にするパートナーがいる安心感と、自分は守るべき家庭を持っているという独身者にはない責任感から、既婚男性は落ち着いた雰囲気も醸し出しています。

既婚男性が独身女性にとって魅力的に見えるのは、既婚者ならではの余裕が理由の一つです。

手に入らない人への憧れ

既婚男性をどれだけ好きになっても、相手が結婚している以上、自身が彼と結婚することはできません。既婚男性が魅力的に見えるのは、『手に入らない相手』だからです。

道義的に、既婚者との恋愛を発展させてはいけません。

しかし、そうと分かっていても、「どんな人かもっと知りたい」「付き合ったら、どんな顔を見せてくれるんだろう?」など、興味や好奇心は掻き立てられてしまうのです。

既婚者との恋愛で負うリスク

(出典) pixabay.com

いくら既婚男性が魅力的に見えても、恋愛をするにはリスクが高すぎます。既婚者との恋愛で背負ってしまうリスクについて見ていきましょう。

社会的信用を失う

既婚男性と付き合ったり、肉体関係を持ったりすることは『不倫』にあたります。不倫は周囲に隠さなければならないため、大きな秘密を抱えることになるでしょう。

不倫がバレてしまうと「よその旦那さんに手を出して平気な人なんだね」と、周囲からの信用を失います。不倫相手と同じ職場の場合は、自分が退職しなければならない可能性も出てきます。

既婚者と恋愛をすると、周囲からの信用を失うだけでなく、社会的信用や自分のキャリアまで台無しになるリスクがあるのです。

慰謝料を請求される

既婚男性と恋愛したり、肉体関係を持ったりした場合、相手のパートナーである奥さんを大きく傷つけることになります。

彼が既婚者だと知りながら関係を持っていた場合、奥さんから慰謝料を請求される可能性があることを覚えておきましょう。

慰謝料の基準は決まっておらず、事情や状況、不倫が原因で離婚に至ったかどうかなどを考慮した上で、額が決められます。過去の判例の慰謝料相場は数十万から300万円ほどです。

婚期を逃してしまう

将来的には結婚して家庭を築きたいと考えている場合、既婚者と恋愛することは時間の無駄になります。相手の既婚男性と結婚できる可能性は、限りなく低いためです。

「妻とは別れるから」という言葉は不倫男性の常套句で、彼に奥さんと離婚する気がないことは、冷静に考えれば分かるはずです。

しかし、既婚男性との恋愛に夢中になっているときは、その常套句を真に受けて関係を続けてしまいます。

既婚男性との恋愛をしている間にも、時間は経過します。ずるずると不倫関係を続けているうちに、周りの男性は他の女性と結婚してしまい、婚期を逃す羽目になるのです。

既婚者かどうか見抜く方法

(出典) pixabay.com

いくらあなたが気を付けていても、既婚者であることを隠して女性と関係を持とうとする男性も存在します。

彼が既婚者かどうか見抜く方法を身に付け、『知らずに不倫』を避けるようにしましょう。

プライベートを明かさない

彼が自宅の場所や親しい友人、SNSなどのプライベートな情報を一切明かしてくれない場合、既婚者の可能性があります。

彼が警戒しているのは、既婚者であることがあなたにバレることだけではありません。不倫をしていることが、どこから奥さんにバレてしまうか分からないため、プライベートをあなたに教えたくないのです。

休日の過ごし方を尋ねたときに、あいまいな返答をしたり、話題をすり替えたりする彼も要注意です。奥さんや子どもと過ごしているため、答えることができない可能性があります。

連絡がつきにくい

恋人同士なら、時間が合うときは声を聞くために、定期的に電話や通話をするものです。「電話は苦手だから、あまりしたくないな」と言う男性でも、一切電話ができない人はまずいません。

しかし、相手が既婚者の場合は自宅に奥さんがいるため、電話や通話をすることができないのです。

平日の夜や休日など家にいるはずのときに、メールやLINEでのやり取りはできても電話や通話を嫌がる場合は、既婚者の可能性があります。

「LINEでやり取りをしている最中に通話したら切られた」のように、不自然な様子を見せる彼は、既婚者であることを疑った方がいいでしょう。

休日や祝日に会えない

彼が既婚者の場合、休日は奥さんや子どもと過ごすことが多いため、時間を空けることができません。デートが平日の夜ばかりで、休日にゆっくりデートをしたことがない彼は、既婚者の可能性があります。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始など長期休暇の過ごし方も、一つの判断材料になるでしょう。

「実家に帰るから」「仕事が休みじゃないんだよね」など、毎回理由をつけてあなたと会おうとしない彼は、家族と過ごしている可能性があります。

まとめ

既婚者ならではの余裕がある既婚男性は、魅力的に見えます。手に入らないからこそ欲しくなる好奇心から、興味を持ってしまうこともあるでしょう。

しかし、既婚者との恋愛は、社会的信用を失ったり、慰謝料を請求される可能性があったりと、リスクが非常に高いものです。

結婚したいと考えている女性にとっては、既婚者と付き合ってしまうと婚期を逃すことにもなります。

とはいえ、既婚者であることを隠して、女性に手を出す男性も存在します。既婚者かどうか見抜く方法を身に付けて、時間を無駄にするだけの恋愛を避けるようにしましょう。