堅実女子ニュース&まとめ 「いただきます」「ごちそうさま」は英語でどう言う?食事にまつわる英語フレーズ集

日本人が当たり前に使っている「いただきます」と「ごちそうさま」。英語圏にも同様のニュアンスがあると思いきや、実はまったく同じ意味をもつフレーズはありません。では、食前食後にはなんと言えばいいのでしょうか?

今回は、食事にまつわる英語フレーズをご紹介。「いただきます」「ごちそうさま」の代わりになる言葉や支払い時に使えるフレーズ、日本人が遭遇する支払いに関するあるあるトラブルをチェックしていきましょう。

英語には「いただきます」がない⁉

日本語の「いただきます」には食材という“命”をいただくこと、そして料理を作ってくれた人への感謝が込められています。

両手を合わせて「いただきます」、日本人にとっては食前の習慣&マナーですよね。しかし、英語圏には食事や食材への感謝を述べる習慣はなく、同じ意味で使われるフレーズもありません。かわりに、食事をはじめる号令のようなニュアンスをもつ「Let’s eat!(さあ、食べましょう!)」がよく使われます。

そのほか、食事を用意してくれた人への感謝を伝える「Looks so yummy(とてもおいしそう)」も頻繁に使われるフレーズのひとつ。これは日本語の「いただきます」に通ずるものがありますね。

ちなみに、フランス語にも「いただきます」と似たタイミングで使われる「Bon Appétit」という言葉があります。全員が席に着いたときの「では食べましょう」の合図、食事を用意した人からの「さあ召し上がれ」など…多様性のあるフレーズです。

日本語の「いただきます」のように感謝の気持ちは含まれていませんが、食前の合図という意味においては近いですね。英語圏でもよく耳にするフランス語なのでぜひ覚えてみてください。

★キーワード
Bon Appétit:召し上がれ

1 2