堅実女子ニュース&まとめ toiletって言うと恥をかく!?海外旅行で使えるトイレに関する英語フレーズ

来年2月頃の「GoToトラベル」再開も検討され、少しずつ国内旅行は解禁ムードに。じゃあ次は…と、海外でのバカンスを夢見ている人も多いのではないでしょうか。海外旅行先でのトラブルといえば言語の壁や迷子、そして「トイレ問題」。今回は、トイレの場所の聞き方やチップの渡し方、ちょっぴりユニークなトイレを意味するフレーズについてご紹介します。

日本のトイレは世界一?海外でトイレを探すのは困難

日本ではコンビニなどのトイレを無料で借りられることが多いですが、トイレを探すこと自体が難しい国も多いもの。レストラン内には併設されていますが、トイレだけ借りるのは難しいでしょう。

また、商業施設にもトイレはありますが、不衛生な環境だったりトイレットペーパーが無かったりするトラブルも…。日本のトイレ事情がいかに優れているかがわかりますね。

It’s hard to find a clean restroom.
(きれいなトイレを見つけるのは難しい)

きれいで機能的、そして無料。これが日本のトイレは世界一と言われる理由です。

トイレはどこですか?

土地勘のない海外では、誰かにトイレの場所を尋ねる機会も多いはず。日本では“トイレ=toilet(トイレット)”と思われていますが、実はアメリカにおいては便器自体を意味するフレーズとして使われています。「トイレはどこですか?」と聞くときは、以下のフレーズを使いましょう。

Where is the restroom/bathroom/washroom?
(トイレはどこですか?)

もしも食事中にトイレに行きたくなったときは、間接的な表現を選ぶのがベター。「I go to wash my hands.(手を洗ってきます)」などと伝えて席を立つとスマートですね。

トイレを意味するちょっと変わった表現

トイレを意味するフレーズのなかには、クスっと笑ってしまうユニークなものも。代表的な例が、トイレの発明者から名づけられた「John(ジョン)」です。そのほかにも、「loo(ルー)」や「Mrs.Chant(ミセスチャント)」などもトイレを表すフレーズとして用いられています。

He’s at the john.(彼はトイレにいます)

会話の途中に突然「john」や「Mrs.Chant」などが現れると混乱してしまいそうですが、前もって知っておけば安心ですね。

★キーワード
John:トイレ

1 2