堅実女子ニュース&まとめ 「褒める」と「誉める」の違いとは?使い方を例文でくわしく解説

他者をほめるときに使える漢字は、主に『褒める』と『誉める』があります。二つの漢字が持つニュアンスの違いと、使い分ける際の注意点を解説します。褒める・誉めるを使った例文や、他に『ほめる』と読む漢字を知って、理解を深めましょう。

「ほめる」にあたる漢字とは

(出典) pexels.com

人がすぐれた行いをしたときに評価してたたえることを『ほめる』といいます。漢字では『褒める』と『誉める』がよく使われます。

二つの漢字の違いと、使い分けの要不要について見ていきましょう。

意味上の違いはない

人の行いをたたえるときは、『褒める』と『誉める』ではどちらを使えばいいのでしょうか。

国語辞典の多くは二つの『ほめる』を、同じ扱いでまったく同じ意味であると解説しています。インターネットで検索しても同様の結果です。

しかし、『褒める』と『誉める』は使い分ける必要があります。『褒める』は常用漢字であり、『誉める』は常用外漢字です。

細かなニュアンスの違いはありますが、迷ったときは常用漢字である『褒める』を使うと間違いありません。

参考:常用漢字表 P.100 |文化庁

「褒める」のニュアンス

『褒める』と『誉める』には、常用漢字かそうでないかの他に、細かいニュアンスの違いがあります。ニュアンスの違いは、それぞれの漢字を含む熟語を思い出すとわかりやすいでしょう。

『褒める』には、人の行いを個人的に評価するというニュアンスが含まれています。目下の者に向けられることが多い点も覚えておきましょう。

『褒』を含む熟語は『褒美』があります。お手伝いをした子どもに対して親が「ご褒美をあげる」というように、ほめる意味で与えるものです。

使い方に迷ったときは、「目上から目下に与えるのが褒美」ということを思い出しましょう。

「誉める」のニュアンス

目上の者から目下の者に向けられた個人的な評価の『褒める』に対し、『誉める』は才能や努力が多くの人から評価される、というニュアンスです。

『褒める』よりも『誉める』の方が、難易度が高くなります。

使い方に迷ったときは、人の業績に対する評価、社会的に認められているという意味の『名誉』という熟語を思い出すとわかりやすいでしょう。

「褒める」の使い方と注意点

(出典) pexels.com

人の行いを個人的に評価するニュアンスを持つ『褒める』の例文を紹介します。あわせて注意点も理解し、間違ったタイミングで使わないようにしましょう。

「褒める」を使った例文

『褒める』は人のよい行いに限らず、努力やセンスを個人的に評価するときにも使います。

家族や友人、恋人などの身近な人間関係だけでなく、自分自身にも使えることを覚えておきましょう。

・私は昔から食べ物の好き嫌いをしないので、親によく褒められた
・彼氏はデートのたびに「今日もすごく、かわいいね」と褒めてくれる
・後輩は褒められて伸びるタイプのようだ

目上の人には使わない

『褒める』は使う機会が多いですが、目上の人には使うべきでないことを覚えておきましょう。

『褒める』に含まれている『目下の者を評価する』というニュアンスがその理由です。

目上の人に対して「褒美を与える」「ご褒美をあげる」とするのは不適切、と考えればわかりやすいでしょう。

『褒める』という漢字自体に上からの目線が含まれているため、目上の人に使うべきではありません。

「誉める」の使い方と注意点

(出典) pexels.com

『褒める』よりも難易度が高い『誉める』の例文を解説します。『褒める』とは違い、『誉める』は目上の人にも使うことができるとされています。

ただ、場合によっては注意が必要です。

「誉める」を使った例文

多くの人や社会的に努力や才能を認められた人に対して、『誉める』を使います。『褒める』ときよりも特別な機会だと考えると、わかりやすいでしょう。

・プロジェクト成功の立役者である上司は、社内の皆に誉め称えられた
・全国大会で優勝した彼女を、周囲の人は手放しで誉めた
・研究チームの発見は、後世にわたって誉め称えられるべき偉業である

目上の人をほめる場合は、『褒める』ではなく『誉める』を使うことがふさわしいとされています。

しかし、そもそも『ほめる』という行為は相手を評価することです。目上の人をほめること自体が失礼にあたることもあるため、注意しましょう。

常用漢字ではない

常用漢字とは、一般の社会生活で使うべき国語表記の目安として、内閣告示にあるものです。強制ではありませんが、教科書や公用文、新聞で使われる基準になっています。

プライベートでは『誉める』を使用しても差し支えありません。しかし、ビジネスシーンや公的な文書の場合は、常用漢字である『褒める』を使うようにしましょう。

ほかにもある!「ほめる」の漢字

(出典) pexels.com

ほめるには『褒める』と『誉める』以外にも漢字があります。こちらも熟語とあわせて覚えておくとわかりやすいでしょう。

「讃める」「賞める」

ほめるには『褒める』『誉める』以外にも、『讃める』と『賞める』があります。

『讃める』の持つニュアンスは、声を合わせて大いにほめたたえるです。神をたたえる歌である『讃美歌』という言葉がわかりやすいでしょう。

表彰式や授賞式で、多くの人が受賞者を拍手する光景が『讃める』にあてはまります。

一方、『賞める』のニュアンスは、優れた人に対し金品を与えてほめることです。固定給とは別に支給されるボーナスを意味する『賞与』を思い出すと、理解しやすくなります。

『賞賛』は賞与と同じく、ほめるために金品を与えることです。

まとめ

『褒める』『誉める』は多くの国語辞典で、まったく同じ意味だと説明されています。しかし、この二つは使い分けが必要です。

『褒める』は常用漢字で誉めるは常用外漢字であることと、二つの漢字が持つ微妙なニュアンスの違いで、使い分けを判断することができます。どちらを使うか迷ったら、常用漢字である『褒める』を使えば間違いになることはありません。

常用外漢字である誉めるは、ビジネスシーンや公的文書で使うことは避けましょう。プライベートでほめるの書き分けができれば、スマートな文章を作成することができます。