堅実女子ニュース&まとめ 金運がみるみる下がる!トイレで絶対にやってはいけない6つのこと

トイレと言えば、金運を左右するとも言われています。お金持ちはトイレをどんな空間にしているのか?貧乏になりがちな人のトイレの使い方は?株式会社 G proportion アーキテクツの調査と、建築のプロ・八納 啓創(やのう けいぞう)氏のアドバイスから探っていきましょう。

照明が暗すぎる

自宅のトイレを暗くしすぎると、汚れが見えにくくなり見落としたまま、日数が経ってしまいます。臭いや汚れもトイレにこびりついて、あっという間に金運がダウンしてしまうかもしれません。

毎日掃除しない

本当に金運を上げたいなら、毎日掃除するのがおすすめ。しかし、アンケート結果によると、「自宅のトイレをどのくらいの頻度で掃除をしている?」という質問に対し、半数以上が「トイレは毎日掃除しない」という結果でした。半面、48.7%の人が「毎日掃除している」という回答に。金運の明暗は、ここで大きくわかれているのかもしれません。

毎日掃除をすると汚れにくくなるので、掃除も楽です。

長居をする

家相や風水によると、トイレは陰の気がとても強いので長居をすると行動力が下がり運気もダウンしてしまうのだそう。アンケート結果では、「自宅・勤務先・外出先問わず、トイレに長居するか?」という質問に「長居する」人は8.5%、「長居しない」人は91.5%となり、ほとんどの人はトイレでそこまで長居しないようです。

一方で、長居する人は何をしているのかと聞いたところ、「スマホや携帯を見ている」が最も多く75.0%、次いで「頭を冷やしたり、心を落ち着かせたりしている」人が20.0%いることがわかりました。イライラを落ち着かせたい時や冷静になりたい時には、逆にトイレへ籠って心を落ち着かせるのがよさそうです。

1 2