堅実女子ニュース&まとめ 今日の夜、18時2分が見頃です!97%も欠ける部分月食をお見逃しなく

満月が少しずつ欠けていく月食。今日は17時ごろから東の空で見られます。どんどん欠けて、18時2分には97%も欠けます。こんなに欠ける部分月食はめずらしいです。

18時2分、ほとんど皆既の部分月食

説明: ENAHD:Users:ENA 1:Desktop:星空セラピ画像:2021年11月:11月19日月食.jpg
19日、夕方17時からの部分月食中の月の位置。(画像:国立天文台)

月食は、月、地球。太陽の3つが、この順番に一直線に並んだときに起きる天文現象です。太陽の光を受けた地球の丸い影の中を、月が横切っていくので暗くなるのです。

影の中に月が全部入るのが皆既月食(かいきげっしょく)、月の一部が入るのが部分月食です。今日、起きるのは部分月食です。ですが、ほとんど皆既月食といってもいいほど、地球の影に月が隠れます。月がもっとも影に入っている状態を「食の最大」と言いますが、今日の月食では、そのとき月の97%が影の中に入るのです。

18時2分に食の最大を迎え、その後、少しずつ月は影から出て来ます。満月に戻るのは19時47分です。

今回の部分月食は16時27分から始まるので、東京では、月の出の時点ですでにちょっと欠けているのが見られます。食の最大でも、それほど月の高度は高くないので、なるべく東の方角が開けている場所で見てください。

月食は肉眼で見られる天文ショー。今回の見どころは、欠け残った月の右下のはしっこです。何色に見えるでしょうか? 皆既月食になると、赤褐色にぼんやりと幻想的な月が見られますが、今回は皆既ではないので、それほど赤くならないでしょう。そして欠け残った右下のはしっこが、ちょっと青みがかって見えるかもしれません。大気の状態や天候の状態などによっても、色みは変わる可能性がありますので、今日は何色に見えるか、お楽しみです!

肉眼で見られますが、双眼鏡があれば、もっとディープに楽しめます。月がどんどん欠けていくので、その欠け際にレンズを向けてください。月のクレーターに地球の影がかぶさっていくのがスリリングです。影に隠された部分の色、残った部分の色も比べてみてください。

1 2