堅実女子ニュース&まとめ 経験者が語る「中途採用はつらい」と思うときランキング、2位は期待が大きい、1位は?

今の仕事が合わなかったり、新しいことにチャレンジしてみたかったり。自分の今後を考えて、転職を考えることもありますよね。

でも、中途採用で別の会社に入社したとして、すぐになじめるかな…、仕事が自分にフィットするかな…、雰囲気は合うかな…などなど、さまざまな不安も感じてしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、中途採用で入社した経験のある男女500人を対象にビズヒッツが行った、「中途採用はつらいと思うときに関する意識調査」のランキングを見ていきたいと思います。いったい経験者はどんなことにつらいと感じているのでしょうか。

中途採用がつらいと思うとき、圧倒的1位とは?

まずは、転職経験者が実際に感じた、中途採用がつらいと思うときをランキング形式でご紹介します。

社風や仕事内容よりも、やはり人間関係が上位に。

やはり、誰もがつらいなーと感じるのは「人間関係に馴染むまで」なんですね。自分ひとりだけ、すでにあるコミュニティの中に入っていくのは勇気もいりますし、どういう感じで自分を出していったらいいのかも悩みますよね。2位は「期待が大きい」でした。入社した瞬間「優秀な人が来るって聞いてたよ」などと言われるのは、うれしい反面、プレッシャーも感じてしまうのではないでしょうか。具体的なコメントはこちら。

1位 人間関係に馴染むまで

・人間関係と信頼関係をイチから構築するときは本当に辛いです(男性、 転職時26歳)
・人間関係ができあがっていて、 輪に入りづらかったとき(女性、 転職時33歳)
・職場の雰囲気に馴染むまでは、 孤立してしまい、 精神的に疲れてしまいました(男性、 転職時37歳)

「仕事自体で中途採用がつらいと思ったことはありませんでしたが、 人間関係でなかなか馴染めなかった」という声も。また、お昼を一緒に食べられない、休憩中に話せる人がいなくてきつい、という人も多くいるようです。

2位 期待が大きい

・同業界からの転職で中途採用となったときに、 即戦力としての期待が大きくプレッシャーを感じた(男性、 転職時25歳)
・即戦力として期待されるので、 追いつけないときはつらいと感じます(女性、 転職時31歳)
・周囲からは「経験がある人」と見られるので、 新しい環境になれるまでは人の2~3倍の働きをしなければならないのが一番大変なときです(男性、 転職時40歳)

「仕事が出来て当たり前な雰囲気があるので、 根本的なミスが重なったときは周りの視線が冷たく感じてつらかったです」という体験を持つ人も。

3位 先輩・上司が年下

・先輩がいかにも自分より若いとき(女性、 転職時24歳)
・とくにミスをしたときには「年下に仕事ができない人間だと思われながら働くのがつらい」と感じる(女性、 転職時26歳)
・年齢が下の先輩などが仕事を教えにくそうにしているとき(男性転職時35歳)

指導者が自分より年下だと、 相手も自分も気を遣ってしまうという声もありました。

つらさのピークはどのくらい?

次に、中途入社してから「つらい」と感じる時期はどのくらいの長さなのかを聞いています。

3か月超えれば、だいぶ楽になるようですね。

つらさのピークで最も多かったのは、 「入社1~3ヶ月」の間という答えでした。確かに、数か月その場所に通っていれば、だんだん人間関係もわかってきますし、その場にいることにも慣れてきて、話せる人も増えてくるのではないでしょうか。次いで多かったのは、 「初日~1ヶ月」まで、でした。割とすぐ馴染める方も多いようです。

「仕事を覚えたり、 人間関係に慣れるまでの1ヶ月がつらかった」「研修期間が終わり、 ひとりで仕事をし始めた入社2ヶ月後がつらかった」などの声もありました。

1 2