堅実女子ニュース&まとめ 男性はどこまで知ってる?「生理のことを自信をもって説明できる」人はわずか8.7%

女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決する、「フェムテック」が注目を集めています。それに伴い、これまでなんとなく公に語りにくかった“生理”についての声が大きく取り上げられるようになり、生理についての社会的意識が大きく変わりつつあるようです。

男性が生理の知識を得る場所は、半分以上が「学校の授業」

生理管理アプリ「ルナルナ」では女性のカラダとココロの理解浸透プロジェクト「FEMCATION(フェムケーション)」をスタート。生理周期に伴う女性の体と心について、男性側の意識や理解度などの本音を調査しています。

まず15歳から49歳の男性を対象に、「生理とはどういうものか説明できますか?」と質問したところ、「自信をもって説明できる」と回答した人はわずか8.7%。多くを占めるのは「なんとなく説明できる」(38.4%)と「あまり自信をもって説明できない」(35.4%)で、生理については“なんとなく”“あまり”といった、あいまいな認識を持つ男性がとても多いことが分かりました。その一方で「まったく説明ができない」と回答した人は17.5%となっています。

では生理について「自信をもって説明できる」「なんとなく説明できる」とそれぞれ回答した人は、生理に関する知識をどのように身に着けたのでしょうか?同調査によると、生理について「非常に学ぶ機会があった」「やや学ぶ機会があった」と回答した人の合計は47.6%。具体的な学びの方法としては「学校の授業で学んだから」が57.7%で圧倒的に多く、それに続くのは「妻や恋人、パートナーから教わったから」(38.7%)、「インターネット、SNSで情報を得たから」(30.5%)となりました。

1 2