堅実女子ニュース&まとめ 「既婚者」の正しい意味は?言葉の使い方や類語、既婚者との恋愛について

日常の中でよく見聞きする『既婚者』という言葉は、具体的にどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?一般的な意味から間違えやすい用法・類語まで、『既婚者』を正しく使うための知識を整理していきましょう。既婚者との恋愛についても解説します。

既婚者の一般的な意味

(出典) pexels.com

『既婚者』という言葉の意味について、知っているようで実はよく知らないという人は少なくありません。

まずは、『既婚者』の一般的な意味を確認していきましょう。

すでに結婚している人のことを指す

『既婚者』とは、『すでに』を意味する『既』と、『夫婦になること』を意味する『婚』によって構成される言葉で、一般的には『すでに結婚している人』を指します。

主な使われ方としては、「〇〇さんは既婚者です」「年齢を重ねるにつれ、周囲に既婚者が増えてきた」などが挙げられるでしょう。

なお、すでに結婚経験がある人を『既婚者』というのに対し、結婚経験がない人は『未婚者』といいます。

結婚経験の有無を基準として、すべての人は『既婚者』と『未婚者』の二つに分けられるといってよいでしょう。

独身でも法律上は既婚者として扱う場合も

「わたしは既婚者です」というとき、「この人には配偶者がいるんだな」と受け取る人は多いのではないでしょうか。

しかし、厳密にいうと、この解釈は必ずしも正しいとは限りません。

というのも、『既婚者』とはあくまでも『結婚経験がある人』であり、今現在配偶者がいることを指すものではないからです。この解釈でいうと、離婚や死別を経験し、現在は独身である人も『既婚者』となります。

思いがけない誤解を防ぐためにも、そのとき使われている『既婚者』がどの意味かを、しっかり確かめる必要があるでしょう。

既婚者の言い換えや呼び方を知ろう

(出典) pexels.com

言葉への理解を深めるためには、関連する言葉について知ることが有効です。『既婚者』にまつわる便利な言葉を確認していきましょう。

配偶者

『配偶者』は、婚姻関係にある相手のことを指す言葉です。妻にとっての夫、夫にとっての妻が『配偶者』にあたります。

「わたしは既婚者です」という場合、現時点での婚姻関係の有無については正確に判断できません。しかし「わたしには配偶者がいます」という場合は、その人には婚姻関係にある誰かがいると判断できます。

「〇〇さんに配偶者はいますか?」のように、特定の誰かに夫もしくは妻がいるかを確認するときに使える、便利な言葉といえるでしょう。

パートナー

婚姻届を提出している・いないにかかわらず、お互いを唯一の存在として支え合う2人のことを『パートナー』といいます。

結婚という枠に囚われる必要がない、男女の組み合わせ以外でも使えるなど、『パートナー』という言葉を選ぶメリットはいくつもあります。

かつては『事実婚』『内縁関係』といったニュアンスで使われることの多い言葉でしたが、現在では結婚相手のことを『パートナー』と呼ぶ人も少なくありません。

「わたしにはパートナーがいます」という場合、分かるのは『深い関係にある特定の人物がいる』という事実のみです。相手の性別や正式な婚姻関係にあるのかなどは、基本的に分からないと理解しておきましょう。

夫・主人

『夫』や『主人』は、婚姻関係にある夫婦のうち、女性側から見た男性を指す言葉です。

『配偶者』という意味そのものは同じですが、『夫』が『対等な関係にある配偶者』といったニュアンスを持つのに対し、『主人』は『仕えるべき相手』といったニュアンスを持ちやすい傾向にあります。

このニュアンスの違いから、プライベートでは『夫』、オフィシャルな場では『主人』と、TPOに応じて使い分ける女性も少なくありません。使う人の結婚観が反映されやすい言葉といえるでしょう。

既婚者との恋愛はアリ?

(出典) pexels.com

中には、「既婚者を好きになってしまい、どうしていいか分からない」と悩む女性もいるのではないでしょうか。

今後を考えるヒントとして、既婚者との恋愛の実態について確認していきましょう。

既婚者が負っている法的義務を知ろう

夫婦はお互いに貞操義務を負っています。貞操義務とは、お互い以外の異性と性的な関係を持たない義務のことで、これに違反することを不貞行為(=不倫)といいます。

不貞行為は民法上の離婚理由となるため、配偶者がいる既婚者と恋愛関係になった場合、その関係が及ぼす影響は2人の間だけでは済みません。

どんなに深く愛し合っていたとしても、既婚者側の夫婦関係が円満ではなかったとしても、既婚者との恋愛は『既婚者が負っている法的義務を放棄させること』であると、心に留めておく必要がありそうです。

慰謝料請求を受けるリスク

既婚者と恋愛をして、それが相手方の配偶者の知るところとなった場合、あなたと相手は共に、相手の配偶者に対する損害賠償責任を負います。

これは、あなたと相手との関係が相手の配偶者に与えた精神的苦痛を補償するためのもので、いわゆる『慰謝料』として請求されるのが一般的です。

場合によっては、あなたのみ慰謝料を請求され、相手とその配偶者は元サヤに収まるといった結末を迎える可能性もゼロではありません。

既婚者との恋愛は、非常にリスクが高いものといえるでしょう。

まとめ

『既婚者』とは『すでに結婚している人』を指す言葉です。ただし、結婚した経験があることを意味する言葉であるため、現時点での配偶者の有無までは判断できません。

なお、仮に配偶者がいる既婚者と恋に落ちてしまった場合には、精神的苦痛の補償として慰謝料請求を受けるリスクがあります。

既婚者にまつわる意味や使い方、関連する言葉についての理解を深め、よりスムーズなコミュニケーションを楽しむためのヒントにしましょう。