堅実女子ニュース&まとめ 化粧水をつける際に意識すること、3位肌をこすらない、2位数回分けてたっぷり、1位は?

マスク生活が長引くにつれて、これまでになかった肌トラブルに悩まされる人も増えてきたようです。

そこで今回は、有限会社GM CORPORATION(https://gm-beauty.jp/)の調査からわかった、年代別の女性に多い肌トラブルと、それに合わせた化粧水の選び方をご紹介していきます。

20代・30代は「ニキビ」「毛穴のひらき」、40代は「小ジワ」に悩んでいる

「コロナ禍のマスク生活で感じている肌の悩みを教えてください(複数回答可)」という質問に対し、20代と30代からの回答は「ニキビ」「毛穴のひらき」「毛穴のひらき」が共通してトップ3となりました。一方、40代は「小ジワ・シワ」「毛穴のひらき」「たるみ」という結果に。「毛穴のひらき」は同じ悩みであるものの、40代以降はマスク生活で新たに小ジワやたるみという肌トラブルに悩まされやすいことがわかります。

20代で悩まされた人が一番多い「ニキビ」は、40代になると圏外に!

また、「化粧水を手でつけること」や「擦らないように」と意識している女性も多いことから、女性たちは化粧水によって保湿と摩擦の軽減に気を使っていることが伺えます。

化粧水は保湿重視で「一度にたっぷりと」が基本

スキンケアの基本は化粧水ですが、女性たちはどんなタイプの化粧水を使っているのでしょうか?

アンケート結果によると、6割以上が「保湿化粧」を選んでいることがわかりました。また、「化粧水をつける際、どのようなことを意識していますか?」という質問に対しては、最も多かった回答が「1度にたっぷりの化粧水を手でつけること」でした。

美白より保湿は、もはや女性の常識!

また、「化粧水を手でつけること」や「擦らないように」と意識している女性も多いことから、女性たちは化粧水によって保湿と摩擦の軽減に気を使っていることが伺えます。

1 2