ライフスタイル 人によって症状が異なる「PMS」!正しく理解することから始めて上手に付き合いましょう

フェムテックという言葉と共に、より多く知られるようになったPMS。PMSとは、premenstrual syndrome(月経前症候群)のことで、生理前の約3日~10日間に精神的、身体的な症状があらわれることです。

PMSの症状は、200種類ともいわれ、軽度なものから周囲に影響を与えるものまであります。まずは、PMSについて正しく知ることから始めようと、女性の健康分野をサポートする研究、健康リテラシー向上のための活動行う「大塚製薬」で、メディア向けのセミナーが開催されました。まずは知ること、そして、自分でできる対策を教えていただきました。

PMSってなにか知ることから始めよう

PMSの症状が起こる時期を確認。

なんだか、いつもよりイライラするなと思っていたら生理が始まった、というPMSの症状を自覚している人が多くいるのに、なにか対策をしているという人は少数派です。なぜこのような症状が出るのか、まず原因を知ることから始め、今、自分がそのような時期であるということを知ることで、対処することができます。

生理=月経には、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」とプロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つの女性ホルモンが大きく関わっています。それぞれに分泌のピークがあり、PMSがあらわれる理由については諸説あるようですが、排卵後に分泌されるプロゲステロンが関係していると考えられているそう。

月経が始まってから排卵までの卵胞期である約2週間に、エストロゲンの分泌がピークになり、排卵後に訪れる黄体期の約2週間が、プロゲステロンがピークになります。

エストロゲンは、美肌を作ることでも知られている、ハッピーなホルモンですね。そのエストロゲンが減少し、黄体期になると月経前特有の心身の不調を感じやすくなります。

このPMSの症状は、身体的なものとしては、乳房の張りや痛み・むくみ・頭痛・腰痛・過食などがあります。精神的な症状としては、怒りっぽくなる・不安を感じる・落ち込みやすくなるなどの症状があらわれ、人によって軽度である場合や、周囲に迷惑をかけるくらいの重度である場合もあり、千差万別だそうです。

男性から理解されにくいことが多いという話もありますが、症状が多岐にわたるため、同じ女性からも理解してもらうのがむずかしいこともあります。また、むくみの症状が強い人ほど、イライラなどの否定的な感情が強いこともわかったそうです。

仕事にも大きな影響を与えるPMS症状

仕事に支障をきたすことも少なくないPMS。

一時的な体調不良ではなく、ホルモン状態の変化で毎月定期的に訪れるPMS症状。女性が働くうえで、さまざまな弊害になっていて、中には退職を考える人もいらっしゃるそう。

「現在または過去にPMSの症状があった」とアンケートに回答した人は66%。ただ、PMSの症状に対して「何も対処していない」という人が63%にものぼりました(日本医療政策機構 働く女性の健康増進調査2018)。月経前だから仕方ないとあきらめているのかもしれません。

「日本の場合、認知不足のほか、専門家も少なく、診断のむずかしさやわかりにくさもあります。」と、東京歯科大学 市川総合病院 産婦人科の小川真里子先生。

むくみなら、外見でわかることもありますが、イライラするなど精神的なことは、言葉にして伝えることもむずかしいですし、それぞれ我慢の度合いも違うため、診察もむずかしいそうです。しかも、保険適用ではないというのも、診察のハードルが高くなっているのかもしれません。また、PMSの原因は、まだ解明されていないことが多いとのこと。でも、今できる対処法はあるとのことです。

「PMSでみられる症状として、むくみやお腹のはり、体重増加や胸のはりや痛みがあります。これらはすべて、『水分貯留』に関連しているといえます。」と、小川先生。

水分をためにくい生活習慣を心がけることが大切だそうです。適度な運動や睡眠習慣の見直しのほか、月経前に甘いものや刺激物を多くとっていないかなども確認してみましょう。食事も栄養バランスを考えきちんと食べるのが理想です。やってはいけないのが、忙しくて夕食時間にお菓子を食べて乗り切ったので、その日はそのまま何も食べないなど、お菓子などを代用してしまわないこと。おやつを食べたからと夕食を抜くのではなく、食べたほうがいいそうです。

「PMSは、多岐にわたる要因が関連していて、現在でも不明な点が多いですが、きちんと排卵しているからこそのPMSです。まずは、PMSについて知ってもらいたいです。」(小川先生)

東京歯科大学 市川総合病院 産婦人科 小川真里子先先生。

精神的なことはすぐには改善できなくても、むくみなどの身体的なことは、食事内容や運動など、自分で生活習慣を変えることで改善されるかもしれないので、まずは、身近なところから見直してみるのもいいですね。

次のページでは、むくみを軽減してくれると考えられている注目のビタミンについてご紹介します。

1 2