堅実女子ニュース&まとめ 通勤服で悩むことランキング、3位温度調節が難しい、2位コーデを考えるのが大変、1位は?

皆さんは出社する時、どんな服装服を選んでいますか?出勤用に服を選ぶ方もいれば、そのまま働ける服を選ぶ方と、それぞれですよね。

株式会社ビズヒッツは、オフィスワークをしている女性464人を対象に「通勤服の悩みに関する意識調査」を実施。通勤が必須となる女性たちがどんな悩みを抱えているのかが明らかとなりました。思わず「わかる」と言いたくなる回答が多く寄せられたので、オフィスワーカー必見です!

過半数が「オフィスカジュアル」で通勤

まずは、通勤服について「スーツ・制服・オフィスカジュアル・カジュアルのうちどれか」と尋ねたところ、最も多かったのが51.3%で「オフィスカジュアル」となりました。 

アイテムとしては「ブラウス」「カットソー」「ニット」「ワンピース」などが多く、シンプル且つコンサバな服を選んでいることが伺えます。

ジャケットを着用するかどうかについては、「季節による」という方もいれば、 「必須」との回答も。また、足元はスニーカーを履いている人もいれば、 「スニーカーは禁止されているのでローファー」という回答もあり、上着や足元の選択は人それぞれのようです。

2・3位には「カジュアル」、「制服」と続きました。 オフィスを意識せずに服装の自由がある企業もあれば、制服を採用する企業もあるため、会社の雰囲気に合わせて選んでいる方も多いのかもしれませんね。

圧倒的トップは「コーデがマンネリ」!

オフィスコーデと分けると洋服代への悩みも…

お勤めの方に普段の通勤服について聞いたところで、お次はそんな通勤服に対する「悩み」を聞いてみました。その結果、「コーデがマンネリ」が122票でダントツ1位となり、代わり映えしないコーディネートに悩みを抱えている方が多いことがわかりました。

次いで2位には「コーデを考えるのが大変」、3位には「温度調節が難しい」となり、季節の変わり目、外と室内の温度の違いなどに頭を抱える方も多いようです。

なお「悩みはない」と答えた方の具体的な回答では、 「制服で通勤しているので悩まない」「かなりカジュアルなので悩みはない」などの声が寄せられました。 程よく自由がありつつもオフィスに合わせている方ほど、悩みが尽きないようですね。

ここからは、具体的な回答を見ていきましょう。

コロナ禍が落ち着いて、出勤が増えた人も多いのでは?

1位:コーデがマンネリ

  • 服の組み合わせのレパートリーが少なく、 同じコーデの日が多くなってしまう(20代、 金融事務)
  • パターン化して洋服を選んで着用していますが、 選ぶことは楽な反面、 どうしても飽きてしまう(50代、 地方自治体の事務補助)

2位:コーデを考えるのが大変

  • 毎日考えるのが大変。 バリエーションがあまりないので、 それを悟られないようにするのが悩み(20代、 ベンチャー企業の事務)
  • 変化をつけたり、 気温やアフターの用事を考慮してなど、 毎日のコーディネートを考えるのが面倒くさい(50代、 教育サービス業の一般事務)

3位:温度調節が難しい

  • 制服は中にあまり着こめないので、 真冬は寒くて防寒対策に苦労します(30代、 建設機械レンタル業の総務事務)
  • 職場の室温に合わせたブラウスを着ると、 通勤時は暑すぎたりすること(40代、 病院の事務)
1 2