堅実女子ニュース&まとめ 「Girls Planet999」「ストリートエフェクト」…いくつわかる?JC・JKが選ぶ流行語大賞2021【モノ・アプリ部門】

トレンドに敏感な全国の女子中高生(JC,JK)の間で今年注目された流行語大賞。女子中高生向けのマーケティング支援を手掛ける株式会社AMFが行った調査を元に、今回はモノ・アプリ部門のランキングを発表します。コトバ、ヒト部門はこちらからでチェック!!

モノ部門1位は、話題のグローバルガールズグループ

1位 Girls Planet 999

モノ部門の1位にランクインしたのは、日中韓ガールズグループオーディション番組「Girls Planet 999 : 少女祭典」。応募総数約1万3000人の中から選出された各地域33人、合計99人が参加したオーディション。毎回、夢に向けた旅路と成長過程が放送され、Twitterではトレンド入りするほどの話題になりました。最終回生放送の総視聴数は535万超え。最終メンバーに選ばれた9人には2人の日本人(江崎ひかるさん、坂本舞白さん)が含まれていています。

2位 イカゲーム

全世界でヒットしている韓国ドラマ「イカゲーム」が2位にランクイン。Netflixのランキングで常に上位を獲得し続けていることでも話題に。カルメ焼きやだるまさんが転んだなど、ドラマ内に出てくるゲームを文化祭の出し物でやることになったという声も。今までの恋愛系に強かった韓国ドラマとは違う新たなジャンルの韓ドラブームに期待されています。

3位 骨格診断  

自分の骨格に合わせてファッションを選ぶ「骨格診断」。資格を持つプロの診断を受け、自身のファッションに活かすとおしゃれに差がつくと話題に。多くのファッションブランドが、「骨格ストレート」「骨格ウェーブ」「骨格ナチュラル」などの骨格別にスタイルを提案。インスタライブなども行い、盛り上がっているようです。

4位 渡韓ごっこ

コロナ禍での制限が続く中、旅行ができないために盛り上がっているのが「渡韓ごっこ」。韓国のカップラーメンやジュースを買い込み、ホテルに籠りながら好きなアイドルやドラマを観ることで、まるで友達と韓国旅行に行ったかのような気分が味わえるというもの。コロナ禍が続く間はブームが継続しそうですね。

5位 トレカデコ

推しのアーティストのトレカ(名刺サイズの写真)のケースをシールなどを使ってデコレーションをする「トレカデコ」。見て楽しむだけでなく、友達とデコレーションしたトレカと一緒に撮影をしてシェアするなど、多くの女子中高生が「トレカデコ」を使っていろいろな楽しみ方をしているとか。もともとは韓国の推し活ブームから広まったとも言われていますが、日本でも文房具メーカーが「トレカデコにおすすめ」という形でシールなどを売り出しているようです。

韓国や中国系のトレンドが続々とランクイン!
1 2