堅実女子ニュース&まとめ 「寒くなってきたね」って英語で言える?冬によく使う英語フレーズを学ぼう

早いもので2021年も残り1か月。日ごとに寒さが増し、温かい服装や暖房が欠かせない季節が到来しました。12月はなにかと“人と話す機会”が増えるシーズンです。今回は、そんなときに使える冬ならではの英語フレーズをご紹介します。

「もう冬だね」を英語で言うと?

季節の変わり目には、あいさつ代わりに気温や天気について話すことも多いですよね。本格的な冬がはじまる今の季節には、「寒くなってきたね」「もう冬だね」など冬の訪れを表すフレーズがよく使われます。

Winter is coming.(冬がもうそこまで来ているね)
I feel winter.(冬を感じます)
It’s getting colder, isn’t it?(寒くなってきたね)

寒い朝は布団から出るだけでも一苦労ですが、家に帰ってきたときの温もりを感じられるのもまた幸せなもの。外が寒い分、家でお茶を飲みながらゆっくりするだけでも贅沢な気持ちになりますよね。

Let’s get warm!(さあ、 温まろう!)

★キーワード
Get warm
:温まる

年末年始の予定を聞き合おう

12月に入ると、年末年始の予定を立て始める人も多いでしょう。新型コロナウイルスが比較的抑えられている今冬は、実家に帰省したり小旅行に出かけたりと、昨年よりも“楽しみ”の幅を広げられそうですね。

いま人気のキャンプやグランピングに出かけるのもいいかも。

長期休暇は誰にとっても嬉しいもの。ホリデーシーズンの前には、互いの休みの予定を聞き合ってもいいですね。

― Do you have any plans for the vacation?(休暇の予定はありますか?)
― I’m going back to my hometown.You?(私は帰省します。あなたは?)

― Are you going somewhere during the vacation?
(休暇中はどこかに行きますか?)
― I have no plans so far.
(いまのところ何も予定はありません)

いずれの場合も、「You?(あなたは?)」と相手への関心を示す態度を忘れないようにしましょう。

★キーワード
Hometown
:故郷

1 2