堅実女子ニュース&まとめ 病院では「ストレスか疲れのせい」としか言われない謎の症状…ようやく分かった原因

原因不明の不調が続く、肩こりや首こりがいつも辛い、なんだかやる気がでない…。

私たちは毎日を懸命に生きる社会人です。どうしても気持ちが上がらない日もあれば、なんとなく体調が思わしくない日もあるでしょう。

一過性のものならまだ耐えられるのですが、筆者はこの「謎の体調不良」に数か月もの間、悩まされていました。

検査しても原因がわからない日々…。

蕁麻疹や倦怠感、耳鳴り…謎の症状が続く日々

私自身そこそこ健康オタクですので、具合が悪くなれば即病院に行きますし、日ごろから食事や生活には目いっぱい気を遣っているつもりです。知識もそれなりにありますから、今まで不調への対処のしようがない…といった経験は一度もありません。

しかし、今年の初夏くらいに高熱を出して以来、しょっちゅう蕁麻疹が出始め、その後も全身の倦怠感、頻発する耳鳴り、アレルギー性鼻炎のような症状が続いていたのです。

首や肩も激しく凝り、頭痛で起き上がれないほどガッチガチに固まってしまったことも。整体やマッサージに行っても、すぐにガチンとなってしまうんです。

加えて、精神的な落ち込みや揺らぎが凄まじく、まるで自分の性格が丸ごと変わってしまったように思えたくらい。

病院へ行っても「ストレスか疲れでは?」としか言われず、当時は激務だったこともあり、無理矢理自分を納得させる始末。それでも不調は消えず、どんどん不安が募る一方で…。更にここから追い打ちをかける出来事が発生します。

「なんだか肝臓の数値が高いですね。お酒とか飲まれますか?」

なんと健康診断で受けた血液検査で、肝臓の数値があっさりと基準を超えてしまったのです!

今まで肝臓で引っかかったことなどなく、日ごろはお酒も口にしません。なのに再検査を通達されてしまい、いよいよ「自分、ヤバいのでは?」という本格的な恐怖に襲われます。

ただここで疑問だったのは、肝臓の数値“だけ”高いこと。通常は肝機能に問題が出ると、血圧や尿酸値の数値も一緒に上がることがほとんどだと言うのです。(脂肪肝とか、単純な肥満とか)

結局3回くらい血液検査を繰り返しても原因不明。数値も基準値へ戻りつつあったので、再検査も終了…。ハッキリとした原因は見つからず、不安は解消されないままでした。

その後不調は続き、秋を迎えます。精神的に参っていた私はすっかり元気がなくなり、毎日ダラダラしつつSNSを流し見していたところ…。とある情報を発見したのでした。

1 2