堅実女子ニュース&まとめ 2021年冬は7割の女性が「自分へのプレゼントを買う」。最も多かったアイテムは?

あなたは今年、自分へのプレゼントを買いましたか? 株式会社ウエディングパークが行った調査(※)によると、2021年に自分へのプレゼントを購入した人は53.5%。まだ購入していないが、今年中に購入する予定だという人を含めると72.9%が自分へのプレゼントを考えていることがわかりました。では具体的にどんなものを購入、または購入予定なのでしょう。今回はみんなの「自分へのプレゼント」事情をまとめてみました。

※現在パートナーがいる20~30代の520人を対象に調査

買い物熱再開!? 自分へのプレゼント1位は美容・コスメアイテム

今年は、コロナ禍で使えなかった旅行代や買い控えていたファッション代などで浮いたお金を、自分へのプレゼントに回す人が増えたようです。今回の調査で最も多かった自分へのプレゼントは、「美容・コスメアイテム」で155票(29.8%)。美容家電や高級化粧品など、今までより少し奮発するという声も聞かれました。

続いて多かったのは「衣類」(125票/24.0%)、そして「アクセサリー・ジュエリー」(108票/20.8%)、「服飾雑貨(バッグ、靴、帽子など)」(91票/17.5%)とファッションアイテムが続きました。昨年から外出する機会が減り、買い控えしていた衣類やファッション雑貨への購入欲が止まらないという人も増えているようです。ストレス発散手段として、ショッピングをするという人も多いかもしれません。

コロナ禍が続いているため、外出や旅行より、物欲を満たしたいという人が多数。

購入前に「Instaguram」や「クチコミサイト」で情報収集する人が多数

自分へのプレゼントを購入する際、最も参考にする情報源については、約3割の人が「Instagram」と回答。次いで約4人に1人が「ブランドや商品のクチコミサイト」を見ていることがわかりました。中でも特に参考にするモノについては、約7割が「購入者や体験者が投稿している写真」(クチコミ・レビュー)と回答。さらに「ブランドや商品の公式写真」という人も6割以上という結果に。影響力が強い「芸能人やインフルエンサーが投稿した写真」を参考にしている人は2割程度でした。

やはり一般の人から投稿されたものを参考にする人が多数。

では自分へのプレゼントではなく、パートナーからもらえたらうれしいプレゼントは何なのでしょう。

1 2