堅実女子ニュース&まとめ Amazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』で共演した豊川悦司と中村倫也の知られざるルーティンとは!?【後編】

2021年12月17日配信のAmazon Originalドラマ『No Activity/本日も異状なし』で、豊川悦司と中村倫也が共演。シソンヌのじろう脚本映画『東京リベンジャーズ』の英勉監督コンビによる超ズッコケな刑事ドラマです。見た目とのギャップが激しい万年ヒラ刑事の時田信吾(ときたしんご)と、聞き上手だけどどこか底知れない新米刑事の椎名遊(しいなあそぶ)。一筋縄ではいかない凸凹コンビをぜつみょ~な間で演じた二人に聞きました!【前編はこちら】

豊川悦司と中村倫也
『No Activity/本日も異状なし』(c)2021 Amazon Content Services LLC

『No Activity/本日も異状なし』●監督:英勉 ●脚本:じろう(シソンヌ) ●出演:豊川悦司、中村倫也/木村佳乃、清野菜名/岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきの ほか ●2021年12月17日よりAmazon Prime Videoにて独占、本編6話一挙配信スタート

【Story】
万年ヒラ刑事の時田信吾(豊川悦司)と、自動車学校の教官から転職した新米刑事の椎名遊(中村倫也)。一見切れ者ながら中身はへっぽこな時田とやたら聞き上手な椎名は、麻薬捜査の張り込み中。

意外と相性抜群な二人は、今日もおしゃべりが止まらない。警視庁の無線室ではベテランオぺーレーターの里見美里(さとみみさと/木村佳乃)と、真面目な新人の大平阿漓羅(おおひらありら/清野菜名)が、そんな二人の会話をあきれながら聞いている。

一方、麻薬取引に絡んでいたのは、前科7犯の諌山(いさやま/岸谷五朗)とごくフツーの青年の一条(岡山天音)。取引の情報を聞いて人質にされた茉莉(岸井ゆきの)は、SNS依存症で生配信命の女だった…。

それぞれにナイス! なキャラを、それぞれのやり方で構築

――時田と椎名、演じる上で、役柄のバックボーンを考えましたか?

豊川悦司さん(以下、豊川)「こういうことを言いそうな人、というふうにキャラクターを探していきました。時田の口は止まらない、口をふさぐことはできない人なので。セリフの一つ一つが本当に面白くて、すぐにそのセリフが好きになれました。するともう早く言いたいんです。スッと覚えられるし、言ってみたい! という欲求が出てくる…ってなんか、俳優みたいなことを言ってるけど」

――(笑)。そういう脚本って、実は珍しかったりするのでしょうか?

豊川「……」

――すいません、答えにくい質問を。

中村倫也さん(以下、中村)「困らせないでくださ~い!」

――1、2話を観るだけで、椎名のバックボーンが気になりましたが?

中村「僕はな~んにも考えてないです。時田さんのこのセリフを早く引き出したい、と自分のセリフを覚えていました。あとこれは最近のテーマなんですけど、自分の人生で経験したことがないようなものすごく大きな業を背負った役、なら別ですけど、ライトな気持ちで挑めるこういう作品のときは特に、もう自分のままでいいというか…。やっていくうちに自分の役のことを、他の役が教えてくれるんですよ。だから、なにも考えていかないです」

――以前は、「最初にどんな歩き方をするか考え、あらゆることを考える」とおっしゃってましたが?

中村「そうです。役者として、もうそういう時期は過ぎ去ったんですね。なんかいま、役者みたいなことを言ってます」

――そうですね、役者さんですし。

中村「コイツいまこんなこと考えてんだなって、やりながら発見していく。そのほうが楽しいんです。それがダメならもう、キャスティングをした人が悪いと」

――人のせいですか!?

中村「そうです(笑)。だから…半分半分ですね、構築するところと。シーンの中のこのセリフを、時田に言わせるための流れ等を計算してセリフを出す椎名を演じる僕もいる。ただそのとき、打算的になり過ぎたらただの添え木になってしまいます。時田と椎名、二人として立つためには、椎名は椎名のキャラクターに興味を持ってもらえるように磨いていかなきゃいけない。演じながら、そういう仕事をしている僕もいるというか…。そういうところが会話劇の面白いところだな~と思います。ちょっと…ゴメンなさいね、役者っぽいこといっちゃって」

1 2