堅実女子ニュース&まとめ 「負けず嫌い」な人の特徴とは?長所・短所や改善方法も解説

人に負けたと感じることを嫌う性格を、負けず嫌いといいます。なぜ、そのような思考になってしまうのでしょうか。社会生活を送る上で改善すべき点もありますが、有利に働く面もあります。負けず嫌いの人の特徴や、性格を活かす方法などを見ていきましょう。

負けず嫌いな人の特徴

(出典) unsplash.com

負けたくないと思う気持ちが強すぎる人は、いくつかの共通した特徴を持っています。どんな特徴を持っているのか、見ていきましょう。

上昇志向が強い

負けることを何よりも嫌う人は、上昇志向が強い特徴があります。上昇志向とは、『より高みへ向かおうとする気持ち』のことです。

「もっと出世したい」「大きな権力を手にしたい」と考え、現状に甘んじることなく、先へと進みたいという気持ちでいます。理想の自分になるための妨げになりそうな相手に対し、大きな対抗心を持つのです。

何も努力をせずに上昇志向だけが強いタイプの人もいますが、人に負けないことが仕事やプライベートのモチベーションになっている人もいます。

負けないためにどうすればよいかを考えて努力できる人は、着実に実力を高めていけます。負けず嫌いな性格であることは、自身を成長させる原動力にもなるのです。

完璧主義者

負けず嫌いな人の中には、どんな時も完璧な自分でいたいと思う人も多くいます。『誰かに負ける自分は完璧ではない』と感じているので、負けることを嫌うのです。

完璧主義者は常に目標を立て、達成するための努力を惜しみません。また、完璧にこだわるがゆえに仕事を周囲に任せることができず、自分だけで何とかしようとする傾向があります。

頑張りすぎて疲れてしまったり、思ったような成果を出せず自己嫌悪に陥ったりすることも多いでしょう。

自分に自信がある

『自己肯定感』が強く自分に自信を持っている人も、負けることを嫌う傾向があります。誰かに負けると自信が揺らぎ、自分に価値を見出せなくなってしまうからです。

自信がある人は「自分は正しい」という思いを常に持っており、よく人にアドバイスをしたがります。実力を認められている場合は周囲から頼りにされますが、そうではない場合は陰で嫌われている可能性も否定できません。

周囲に比べて優れているという意識が強すぎると、上から目線で周囲と接してしまいやすくなります。

見栄っ張り

実力以上に自分を良く見せるため、見栄を張って上辺を飾ることにこだわる性格も、負けず嫌いな人の特徴です。

見栄っ張りな人は、他人に何かを自慢されると自分の方が優れているとアピールしたり、人から良く思われようとしてすぐバレる嘘をついたりします。

本来の自分からかけ離れたアピールや嘘はボロが出やすいため、つじつまが合わないことを言って周囲を困惑させることもしばしばです。

浅い付き合いの人はごまかせても、付き合いが深くなってくると見栄っ張りな性格は見透かされることが多く、周囲からの評価は低くなります。

負けず嫌いな人の心理とは?

(出典) unsplash.com

どんな心理が働いて負けず嫌いな気持ちになるかが理解できると、自分を冷静に見つめられます。負けず嫌いな人にありがちな、心の動きを見ていきましょう。

人よりも優れていたい

負けず嫌いな人は、自分は他の人より優れていると感じることで安心しようとする傾向があります。常に周囲の人と自分を比較し、「勝っていれば幸福で、負ければ不幸」だと思い込んでいるのです。

人より劣っていると感じさせる出来事は、負けず嫌いの人にとって、自分を否定する材料になってしまいます。他人との比較でしか物事を考えられず、周囲の人と比べなければ、自分がどう生きればいいかも決められません。

視野が狭くなっている状態ともいえるので、広く世界を見ることが重要です。そうすれば、自分より優れた人がいても当然だと分かり、周囲の人を尊重できるようになります。

勝つこと以外に価値を見出せない

負けず嫌いの心理として、勝ち負け以外の何かで物事を評価する視点を持っていないことも挙げられます。「勝たなければ価値がない」と思い込んでいるため、負けたくないという気持ちが増大するのです。

理想を追求して努力した結果、勝つか負けるかが決まります。何かの勝負に勝って自信を持つのは良いですが、勝つことだけに価値を見出してしまうと、深い満足は得られません。

負けてもすべてを失ったわけではなく、『新しく得られたもの』もあるはずです。勝つことだけにこだわりすぎると、周囲への感謝を忘れたり、自分が本当に大切にしたいことを見誤ったりして、結局は損をすることになります。

負けず嫌いな人の長所・短所

(出典) unsplash.com

負けたくないという気持ちがうまく作用して、物事が良い方向へ転ぶことは少なくありません。しかし、負けず嫌いには悪く作用する部分も潜んでいます。負けず嫌いな人の長所や短所には、どのようなものがあるのでしょう。

負けず嫌いな人の長所

負けないためならどんなことでもする性格には、たくさんの長所があります。勝つために何が必要か見極めようとし、とことん物事に向き合って分析できることが長所です。

必要だと感じたら勉強や習い事に精を出し、自分を成長させようと努力します。頑張ろうとする熱意やエネルギーが周囲の人の気持ちを動かし、助けを得ることもあるでしょう。

さらに、人が見ていないところでも努力ができ、苦手を克服するための労力を惜しみません。「別に負けてもいいや」と思いながら取り組む人より、ずっと多くのことを経験し、できることが増えていくのが魅力です。

負けず嫌いな人の短所

勝たないと満足できずに気持ちが沈んでしまうところは、負けず嫌いな人の短所といえます。負けるとプライドがへし折れて、立て直すのに時間と労力が必要になるのです。

自分より優れていると感じた相手に対し、素直に自分を表現できなくなったり、劣等感を抱いたりして苦しくなることもあります。勝ち負けにこだわるあまり、周囲と張り合って常に空気がギスギスしやすい点も短所です。

負けを認められないタイプの場合、自分が悪いと分かっていても人に頭を下げられず、結果として人間関係を悪化させてしまうところも短所にあてはまります。

負けず嫌いな性格を直したいなら

(出典) unsplash.com

良い面があるといっても、負けず嫌いな性格のせいで損をしていると感じることもあるはずです。性格を変えたいと思う人に、おすすめな考え方を紹介します。

相手のことを認める

相手と自分を比べずに「こういう人もいるんだな」と認めることで、楽な気持ちになれます。競争心を剥き出しにするのではなく、相手の能力や人となりを肯定的に受け止めることが大事です。

どんな人にも良いところと悪いところがあり、全てが完璧な人などいません。これ以上ないくらい優れているように見えても、隠れた欠点はあるものです。

自分より優れていると感じた人に出会っても、たまたま理想的に見えただけかもしれません。実際のところは深く付き合っていかなければ知りようがなく、思い込みであるケースもあるでしょう。

勝ち負けの視点で見るのではなく、自分と周囲を切り離して考えることがポイントです。

素直になる

負けず嫌いな人は、負けたと認めることで劣等感を刺激され、つらい気持ちになってしまいがちです。自分のミスでうまくいかなかった時も、現実を認めたくないばかりに、「自分は悪くない」と思い込むことがあります。

しかし、 負けを認めないことには前へ進めません。 意地を張ったり腹を立てたりするよりも、素直に負けを認める方が建設的です。時間を無駄にせず、スムーズに自分を成長させられます。

冷静な気持ちで周囲の意見に耳を傾けられれば、人間関係の改善にも役立つはずです。多くの手助けを得られるようになり、ずっと生きやすくなるでしょう。

まとめ

負けず嫌いな性格は、人を成長させることもあれば、意固地にさせて人間関係を悪くしてしまうこともあります。

人に負けたくないという気持ちがあることで、努力できるタイプの人はたくさんいます。一方で、負けず嫌いな性格を短所だと感じるのなら、素直に負けを認めることで改善可能です。

過剰な負けず嫌いだと周囲とのコミュニケーションは難しくなりますが、相手の良い部分を認め、周囲の話に耳を傾ける気持ちを忘れなければ、自身を高めていけるでしょう。