堅実女子ニュース&まとめ 人を慰めるコツと注意点を解説。相手の立場に立つことが大切

「落ち込んでいる人を慰めたい」という時は、どのような点に注意をすればよいのでしょうか?落ち込んでいる人を慰める際のコツや、気を付けたいポイントをチェックしていきましょう。上手に慰めることで、相手の心に起こるプラスの効果も紹介します。

「慰める」とは?

(出典) pexels.com

『慰める』とは、具体的にどのような行為を指す言葉なのでしょうか?まずは、慰めるの詳しい意味から確認していきましょう。

「慰める」の一般的な意味や使い方

一般的に『慰める』とは、他者の苦しみや悲しみを癒やすべく働きかけること、労をねぎらうこと、いたわること、なだめることを意味する言葉です。

複数の意味合いを持つ言葉ですが、現代では『他者の苦しみや悲しみを癒やすべく、働きかけること』の意味で使われるケースが大半といえるでしょう。

具体例としては、「仕事のミスで落ち込んだ部下を慰める」「少しでも病に苦しむ彼女の慰めになればと、精一杯の言葉を送った」といった使われ方をする言葉です。

慰めることで相手に起こるプラス効果

(出典) pexels.com

深く傷ついている人や悩みを抱えている人など、精神的にダメージを負っている人を見て、思わず慰めたくなった経験がある人は多いのではないでしょうか。

人が人を慰めた時、慰められた側に起こるプラスの効果とはどのようなものか、ここで確認していきましょう。

自己肯定感が回復する

人が人を慰めるのは、相手を気にかけ、大切に思う気持ちがあるからこそです。嫌いな人や、これといった思い入れがない人が落ち込んでいる姿を見て、積極的に「慰めたい」と思う人は少数派でしょう。

この共通認識によって、落ち込んでいる時に誰かに慰められた人は、その人から大切に思われていることを改めて実感できます。

「励ましてもらえる自分は、この人にとって価値がある存在なんだ」と自己肯定感が高まり、スムーズに気持ちを回復させることができるのです。

ねぎらうことで意欲が高まる

人を慰める過程において、その人が行ってきた努力を認め、ねぎらうのはよくあるパターンです。

例えば、仕事でミスをした部下を慰める場合、「あなたの頑張りは知っているよ」「あなたの力があったから、ここまで来られたんだよ」などと言葉をかける人は多いのではないでしょうか。

こうして努力をねぎらわれた人は「頑張りが報われた」と感じ、仕事への意欲を高めます。本人の気持ちが回復するのはもちろんのこと、巡り巡ってチームや会社の利益にもつながるでしょう。

落ち込んでいる人を慰めるコツ

(出典) pexels.com

「落ち込んでいる人を慰めたいけれど、どう声をかけたらいいか分からない」という時は、どうしたらよいのでしょうか。効果的に人を慰めるコツを紹介します。

声をかけるタイミングを見計らう

人を慰めるにあたっては、タイミング選びがとても大切です。

その人の性格にもよりますが、落ち込む原因となった出来事から間もないタイミングでは、「まだ素直に話を聞けない」「放っておいてほしい」という人も少なくありません。

誰かを慰めたいと思ったら、まずは相手の感情の波が落ち着くのを待ちましょう。そのうえで、「よかったら話を聞くよ」「元気がなさそうだけど大丈夫?」など、押し付けがましさを感じさせない形で声をかけるのがおすすめです。

共感を示して相手の話を聞く

落ち込んだ人を慰める際、「相手に元気になって欲しい」という気持ちが強すぎるあまり、つい一方的に話をしてしまった経験はありませんか?

しかし、これはあまりおすすめできません。相手に独善的な印象を与えてしまい、拒否反応を起こされるリスクがあるからです。自分の方が目上の立場ならなおのこと、まずは相手の話を聞く姿勢を大切にしましょう。

相手に寄り添い、「つらかったね」「大変だったよね」と共感を示すステップを経てはじめて、あなたの慰めの言葉は相手の心に届くのです。

相手によってかける言葉を変える

同じ言葉を選んでも、相手の性格によって、心に響く言葉と不快に感じる言葉は違います。効果的に人を慰めるなら、相手に合った言葉選びをする必要があります。

例えば、相手が基本的にポジティブな性格の場合、向いているのは「○○さんなら大丈夫!」「頼りにしているよ」など、自信を回復させるシンプルな言葉をおすすめです。

対して、相手がネガティブな考え方をするタイプの場合は、相手の良いところを具体的に挙げ、普段から目をかけていることを強調するとよいでしょう。

いざという時に効果的な声かけをするためにも、普段から相手をよく観察しておくことが大切です。

慰める時に気をつけたいこと

(出典) pexels.com

人を慰めるにあたり、覚えておきたい注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。特に意識したいポイントを紹介します。

相手にプレッシャーを与えない

残念なことに、よかれと思ってかけた慰めの言葉が相手にプレッシャーを与え、より一層追い込んでしまうケースは珍しくありません。

特に注意すべきなのは、「頑張って」「元気を出して」などの言葉です。心にダメージを負った状態では、こうした言葉を前向きに受け取れません。「今までも頑張ってきたのに…もうこれ以上は頑張れない」と、心を閉ざしてしまう可能性があります。

相手を思えばこそ、「応援してるよ」「わたしは味方だよ」と、一歩引いたスタンスを見せるのがおすすめです。

励ましが相手を不快にさせることもある

励ましの言葉の中には、思いがけず、相手を不快にさせてしまう言葉があります。

例えば、「誰もが通る道だから…」といった言葉は、今この瞬間に悩んだり、傷ついたりしている人の心には響きません。むしろ、「これくらいで落ち込む自分はダメなんだ」と、より深く相手を苦しめてしまう可能性が高いでしょう。

人を慰めるのであれば、『自分だったらどんな言葉をかけられたいか』『どんな言葉を不快に感じるか』について、あらかじめ考えておくのがおすすめです。

まとめ

人を慰めることには、相手の自己肯定感や意欲を高めるといった、相手自身のことだけでなく周囲にもうれしい効果があります。

一方で、慰め方によってはかえって相手にプレッシャーを与えてしまったり、不快にさせたりといった結果を招くリスクがあるため、慰めの言葉は慎重に選ぶことが重要です。

タイミングや共感などの落ち込んでいる人を慰めるコツも参考に、あなたの思いやりを上手に伝えて相手とのより良い関係を育んでいきましょう。