堅実女子ニュース&まとめ 合わない人の特徴とは?ストレスを溜めず上手に付き合う方法も

人付き合いをする上で、「この人とは合わないな」と感じる人に出会うことは珍しくありません。身近にそうした人がいると、付き合い方に迷ってしまいます。合わない人の特徴や、ストレスを溜めずに付き合っていく方法を見ていきましょう。

多くの人が「合わない」と感じてしまう人とは?

(出典) unsplash.com

相手の言動が自分の価値観と一致しない時、『合わない人』と感じることがあります。そのような人物に出会うと、自分だけがそう感じているのではと不安になることがあるでしょう。

多くの人から気が合わないと思われやすい人の特徴を知り、付き合い方に悩んでいる人の特徴にあてはまるかチェックしてみましょう。

人の意見を聞き入れない

何か意見を言った時、頭ごなしに否定されれば誰でもカチンとくるでしょう。人の話を聞く気がなく、何を言っても受け入れないタイプの人は、気が合わないと思われやすくなります。

自分の意見を聞き入れない人と話していると、拒絶されているように感じる人がほとんどです。頑固な性格で、自分の考えが正しいと信じて疑わないタイプの人ほど、相手に合わないと感じさせやすくなります。

人は、話を聞いてくれる相手に対して心を開きます。考えが合わなかったとしても、「そういう考えもあるんだね」と柔軟に受け入れられる人の方が、多くの人から好かれるのです。

自己中心的な性格

自分の都合ばかりを考えている人は、周囲の考えや気持ちを尊重できません。自己中心的な性格の人は、周囲の人から合わないと思われることが多々あります。

協調性がなく、自分が引いて相手を立てることができないので、一緒にいても居心地が悪いと感じるのです。自分さえ満足できればよいという考えの人からは、人が離れていきます。

自分勝手な発言をした際、後悔している素振りを見せるのであればまだ可愛げがあります。しかし、常に自分が中心でいるのが当たり前と考える人と一緒にいても、疲れてしまうでしょう。

気分屋

その時々で気分がコロコロと変わる人も、「この人とは合わないな」と思われがちです。機嫌よく振る舞っていたかと思えば、些細なことがきっかけで相手を罵倒するなど、極端に気分屋な人は周囲から避けられます。

誰にでも気分の波はあるものですが、激しすぎる浮き沈みは周囲を振り回すので、気が合わないと感じさせるのです。

「いつまた態度が変わるんだろう」と落ち着かない気持ちにさせられる人とは、できるだけ関わりたくないものでしょう。

いつでも上から目線

プライドが高い人の中には、どんな時も上から目線で相手に接する人がいます。自分の方が優れているという気持ちを隠そうとせず、相手を見下した態度をとる人は、多くの人にとって合わないと感じさせる人です。

見下した態度をとる人は威圧感があり、一緒にいてもくつろいだ気持ちになれません。

「仕事で関わる人だから」といった事情があるのなら、我慢して付き合わざるを得ません。しかし、特に一緒にいる理由がない人に上から目線の態度をとられると、付き合いたくないと考えることが普通です。

なぜ「合わない」と感じるのか?

(出典) unsplash.com

相手の性格が特別に嫌いというわけではなくても、「なんとなく合わないな」と思わせる人に出会うこともあります。世の中にはさまざまなタイプの人がいるので、全ての人とうまく付き合うのは難しいのです。

合わないと感じる理由が分かれば、付き合い方を変えるヒントが見つかるはずです。合わないと感じてしまう理由を見ていきましょう。

価値観が合わないから

人付き合いをする上で、価値観が合うことを重要視する人は少なくありません。ものの考え方が似通っている人との方が、一緒にいて楽だと感じます。

例えば、1人で過ごす時間が何よりも楽しいという人と、1人でいると落ち着かないという人とでは、お互いに気が合わないと感じるのが自然です。

あまりにもかけ離れた価値観を持っている者同士は、お互いを理解するのに苦労します。「価値観が合わなくても、新しい世界を知れて楽しい」と思えればよいですが、そうでない場合は拒絶したくなるのです。

相手を知ろうとしていないから

他人への関心が薄い人は、ほかの人が何をしていても気になりません。相手を知ろうとする気がなく、常に自分の内面に関心が向いている状態だと、ほかの人との関わりを自分から断とうとします。

人を知ろうとしなければ、思い込みで判断することになってしまいます。他人の考えや趣味嗜好を理解する気がない状態では、相手が嫌がる行動をしやすくなり、それが合わないと感じさせる原因になるのです。

話をしてみると意外に気が合う部分が見つかり、改善する場合があります。合わないと感じた時こそ、相手を知る努力をしてみましょう。

合わない人との付き合い方

(出典) unsplash.com

性格や態度などに問題がある人には、近づかない方が無難です。しかし、職場やグループが同じだと、付き合わなければならない状況も多々あります。合わないと感じさせる人と、うまく付き合う方法を見ていきましょう。

相手に興味を持ってみる

合わないと思う相手に対し、強い嫌悪感を抱いているのでなければ、意外と簡単に付き合えるようになります。自分から近づき、相手を知ろうとすることから始めてみましょう。

そもそも、相手のことをよく知らない状態では、仲良くしようがありません。腹を割って話してみたら、意外と話せる人物だったというのはよくあることです。

「休日に何をして過ごしているか」「趣味は何か」「好きな食べ物は」など、興味のおもむくままに質問をしてみると、意外な共通点が見つかり、気が合う友人に発展するかもしれません。

長所を探す

短所だと思える部分が多い人物であっても、素晴らしい長所が一つでもあれば、ほかの短所を補ってくれることがあります。

「この人とは性格は合わないけれど、人情に厚いところだけは評価できる」などのように思えれば、嫌わずにすむでしょう。良い部分が分かっていると、合わない部分があっても冷静に受け止められるはずです。

人の長所は、よく観察しないと見つからないケースもあります。見つけられない時は、その人と仲の良い人に尋ねてみるのがおすすめです。意外な答えが返ってきて、その人を知るきっかけになるかもしれません。

話を聞き流す

相手に歩み寄っても合わないと感じた場合は、まともに付き合う必要はありません。相手が話しかけてきても、「ふーん、そうなんだ」というように、軽く聞き流すようにしましょう。

「自分はこう思う」と真剣に意見を伝えようとすると衝突してしまい、お互いに嫌な思いをしてしまいます。真剣に受け取らないことが、合わない人とうまく付き合うコツです。

嫌だなと思う話題に対しては、聞いていなかった振りをしてもよいでしょう。「よく聞いてなかった、ごめんね。寝不足でボーっとしてた」とでも言って、軽く流すことがおすすめです。

職場に合わない人がいる場合は?

(出典) unsplash.com

職場では出勤するたびに同じ人と顔を合わせることが多いため、合わない人がいると大きな悩みに発展することがあります。努力しても分かり合えない場合は、自分が傷つかないよう身を守ることが必要です。職場で合わない人とうまくやるコツを見ていきましょう。

できるだけ関わらない

職場に合わない人がいて頻繁に顔を合わせる場合は、逃げ場がない状況に陥りがちです。うまくやるには、できるだけ深く関わらないように立ち回る必要があります。

合わない人と関わるのも仕事だと割り切って、必要な時以外は一緒にいないようにしたり、距離を置いたりするのがおすすめです。2人になる時間を作らないように、わざと忙しい振りをしたり、用事を入れたりしてもよいでしょう。

完全に無視すると問題になるので、挨拶や仕事で必要なやりとりはきちんとすることが上手に付き合うポイントです。周囲の迷惑を考え、陰口を言うのもやめましょう。

プライベートの話をしない

職場では仕事以外の話をすることもあります。関わりたくないと思っているのであれば、プライベートについて掘り下げた話をしないことが無難です。

プライベートな質問に対して正直に答えると、いらない口出しをされて嫌な思いをすることになりかねません。職務に関する話題以外をしないようにすることで、合わない人との時間をやり過ごせます。

例えば、休日に何をしているかと話題を振られた時は、「特に代わり映えしない休日でしたね。ところで、来週のミーティングの件ですけど…」というように、話題を仕事のことに切り替える方法がおすすめです。

当たり障りがないこと以外は伝えないスタンスを貫くとよいでしょう。

冷静に対応する

合わない人と一緒にいると、何かとトラブルが起きやすくなります。大きな問題にしないためには、どんな時でも冷静に対応することが大事です。

相手の言葉に反応してムッとすると、ケンカに発展することがあります。職場でトラブルが起きるとほかの人の迷惑になりますし、仕事がはかどらなくなるといった心配もあり、良いことは一つもありません。

合わない相手に対して感情をあらわにすれば、周囲から同じレベルの人間だと思われてしまいます。キレそうになったら一呼吸置いたり、いったんその場を離れたりして、冷静さを取り戻してから対処しましょう。

合わない人へのNGな対応

(出典) unsplash.com

間違った対応をしないようにするだけでも、合わない人から受けるストレスを減らせます。人間関係のトラブルで嫌な思いをする前に、合わない人と接する時のNGな対応を押さえておきましょう。

自分の考えを押し付ける

相手がおかしなことを言っていると思っても、一方的に自分の考えを押し付けることはNGです。合わない人と一緒にいると、「自分の考えの方が正しい」という気持ちに支配されてしまうことがあります。

相手も全く同じことを思っているために、衝突が起きてしまうのです。自分の考えを押し付けると、相手は余計に反発して収拾がつかなくなります。

ほかの人からは「どっちもどっちだな」と思われ、評価が下がることさえあるでしょう。自分にとっての正解が、相手にとっても同じとは限らないと考えることで、面倒な衝突を回避できます。

無理をして合わせる

相手に合わせ、無理をして意見を合わせることもおすすめできません。自分の気持ちを殺して相手に合わせていれば、ストレスでパンクしてしまいます。

気を遣って合わせていても、相手が気づいて感謝してくれることはありません。逆に、最終的に違う意見だったとバレた時に、「嘘をつかれた」と攻撃してくることすらあるでしょう。

大切なのは、意見を合わせる振りをすることではなく、「あなたがそう思うのはもっともですね。ただ、私はこう思います」というように、相手の考えを認めながら自分の考えを述べることです。

それでも自分が正しいと言って攻撃してくるのであれば、「それはあなたの意見ですから、どうぞそう考えていてください」と心の中で思っておきましょう。

合わない人と上手く距離を置く方法

(出典) unsplash.com

合わない人と無理に付き合い続けることは、精神的に大きな負担です。中には、会う前から憂鬱で胸がいっぱいになってしまう人もいるでしょう。合わない人と距離を置く方法を紹介します。

徐々に会う回数を減らす

合わない人と無理に会っていると、心がすり減ってしまいます。いきなり付き合いを全てやめることは難しいので、徐々に会う回数を減らしていくようにしましょう。

週に1回会っていたのを月1回に減らし、月1回を3カ月に1回というように『フェードアウト』していきます。会う頻度が減ることで付き合いに耐えられるようになったり、視野が広くなって意外に悪くないと思える部分を発見したりすることもあります。

会う回数を減らしてみた結果、付き合い続ける必要はないと割り切れるなら、思い切って清算してしまう方法もアリです。

周囲の協力を得る

1人で問題を解決できない場合、周囲の協力を得て、2人きりにならなくてもいいように一緒にいてもらう方法もあります。

こちらが「合わないな」と思っているのに、相手に「気が合う人だ」と思われているパターンは厄介です。誘いを断ってもしつこくされ、かなりのストレスになることがあります。

1対1で対応するとつらくなりますが、ほかの人がそばにいてくれれば心の支えができ、何とかやり過ごせる場合は多いでしょう。

まとめ

合わないと感じさせる人と出会った時は、自分から歩み寄って相手を知ろうとし、良い面を探すと解決することがあります。

努力した結果、どうしても気が合わないと思うのであれば、距離を置くことがおすすめです。正面からぶつかり合うと、周囲の人も巻き込んで嫌な思いをさせてしまいます。

少しずつ会う回数を減らしたり、必要ない時以外は近づかないようにしたりすることで、うまく付き合える場合があるので、ぜひ試してみてください。