堅実女子ニュース&まとめ 約5割の女性が「コロナ太りを解消したい!」太りにくい身体はどう目指す?

新型コロナウイルスの影響が続く中で、皆さんは運動を定期的に行っていますか?外出自粛の傾向にあったこともあり、運動不足気味の方も多いのではないでしょうか。

株式会社からだにいいことは、株式会社ネオマーケティングと共に全国の20~69歳の女性を対象に「代謝」をテーマに調査を実施。今後改善したいことを含め、健康意識に対する世間の声をまとめました。

コロナ太りを解消したい人が半数近い割合に!

コロナ太りでダイエットを目指す方多数!

まずはじめに、新型コロナウイルス感染症の流行から現在に至るまで、生活・身体についてあてはまることを聞いてみました。

すると、「コロナ太りを解消したい」に対して「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」と回答した方が48.0%と最多に。外出自粛やリモートワークの推奨で、家で過ごす時間が増えたことにより、体型が気になる方が多いようですね。

他にも「コロナ禍で運動する機会が減った」「コロナ禍で代謝が落ちた」「コロナ禍で体重が増えた」など、いずれも4割を超える結果となりました。

代謝アップを目指す人が7割以上に!

たるみなど部分的に気になる方も多い様子!

続いて、これからの健康意識について聞いたところ、「代謝を上げたい」と回答した方が76.3%という結果に。次いで「たるみを解消したい」が66.6%、「体重を落としたい」が62.5%と続きました。

多くの方が、コロナ禍において運動機会の減少、代謝の低下、体重の増加に課題を感じ、今後改善していきたいと思っていることがわかりました。

現在の運動頻度は「1週間に1回以上」が多い傾向に

運動する方としない方が半々に!

ここからは、現在の運動頻度について質問してみました。その結果、「1週間に1回以上」運動すると回答した方が全体の42.4%を占め、年代別で見たところ、60代では53.0%と最多になりました。

「1週間に1回以上」との回答者が多い一方で、1年に1回以下の頻度でしか運動しないと回答した方も全体で43.0%を占めるなど、やはりコロナ禍で運動する機会が減っていることが推測されます。

「太りにくい身体」を理想とする人が大多数!

動かなくても痩せやすい身体を理想とする傾向

次に、運動やダイエットに対する考えを聞きました。中でも最も多かったのは、80.2%で「太りにくい身体になりたい」。また「食事制限をしないで痩せたい」が68.3%、「運動をしないで痩せたい」が58.4%と、過半数を超える結果となり、運動をせずとも基礎代謝の高い身体を理想とする方が多い傾向にあるようです。

基礎代謝が上がると、運動をしなくともカロリーを消費しやすくなり、太りにくくなることが知られています。そのため、運動や食事制限によるダイエットが難しいという方は、基礎代謝を上げて太りにくい身体になることを目指すと、理想の身体に近づくかもしれませんね。

「体が温まる食べ物をとる」が代謝アップに良いと思う人が多数

運動よりも内側から代謝アップを求める方が多い!

代謝を上げるには、どんなことがいるあと思うことと、実行していることについて聞いてみました。良いと思うことでは、「体が温まる食べ物をとる」が68.2%と最も多く、続けて「入浴、岩盤浴をする」が61.2%、「腸内環境を整える」が58.4%という結果に。

実際に行っていることについては、1位の何も行っていない以外で、「体が温まる食べ物をとる」が29.2%、「入浴、岩盤浴をする」が27.8%となり、良いと思うこと同様に行動している方が多いようですね。

できることから始めてみましょう!

また代謝は、冬が下がりやすいと認識する方が多いですが、実は夏の方が下がりやすいと言われています。そのため、これからの時期は、代謝を上げる絶好のチャンスと言えるでしょう。冬本番がスタートし始めた今、コロナ太り解消に代謝アップを目指してみてはいかがでしょうか。

 【調査概要】

調査内容:女性の健康意識と代謝に関する調査
調査期間:2021年11月29日(月)~2021年12月1日(水)
調査方法:WEBアンケート
調査対象者:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20~69歳女性
有効回答数:1,000名