堅実女子ニュース&まとめ ラブホ従業員は見た!自転車でラブホに来た男性の、ささやかな“男の見栄”

愛と欲望が渦巻き、さまざまな人間ドラマが繰り広げられる「ラブホテル」。そんなラブホ勤務歴3年のカズさん(仮名/32歳)が、印象深かった出来事のエピソードを紹介していくシリーズです。(以前の「ラブホ従業員は見た!二股彼女を同じラブホに連れてくる男性…」のエピソードはこちら

カズさんはラブホでフロント業務をしており、基本的にはお客さまとは顔を合わせず、監視カメラでエントランスをチェックして、変な行動をする人がいないかなど、様子を見守っています。他にはルームサービスで注文された簡単な料理を作って、直接お部屋に持っていくことも。今回は、そんな中で見た“男の見栄”にまつわるエピソードをご紹介します。

自転車でラブホに来た男性

ラブホテルで直接待ち合わせをするお客さまも結構多い、と言うカズさん。どちらかが先に来てチェックインを済ませている場合は、後から来るお連れさまをフロントで確認してからお部屋に通すのだそうです。

「例えば既婚者の方の秘密の密会とか、デリバリーヘルスの女性を呼ぶ時は、そのような形にしている方が多いようです。ひとりで来る男性は、大体後からお連れさまがやってきますね」

ある時、男性がひとりで、自転車でカズさんのホテルにやってきたとのこと。

「うちのホテルは、従業員以外で自転車でくる方は珍しいので、『おっ』と思って見ていました」

男性がチェックインしてしばらくすると、お連れさまの女性がやってきて、数時間ほど、お楽しみの時間を過ごしたとのこと。

あれ?君、自転車で来てたよね?

数時間後、男性はお連れさまの女性とともにチェックアウトします。タクシーに女性を乗せた後、男性は不思議な行動に出たそうです。

「タクシーに乗り込む女性を背に、男性は駐車場の方へ歩いて行ったんです。うちは駐輪場と駐車場は別方向にあるので、『自転車で来ていたはずなのに、変だぞ?』と思って監視カメラで見守っていました」

男性は高そうな外車の方へ向かって、ゆっくりと歩いて行きます。怪しいと思って見守っていたカズさん。しかし、女性が去った頃をしっかりと見計って、男性は駐車場から駐輪場へと移動しました。

「その時、はっと気がつきました。男性は、自転車で来たことを知られるのが恥ずかしいので、車で来ている風に見せかけて、見栄を張りたかっただけなのです」

男性のささやかな見栄が垣間見えた瞬間でした。

豪華なルームサービスを頼んだ理由は?

カズさんのホテルでは、ルームサービスのメニューも充実しています。よくルームサービスを使う方は、部屋に料理を運ぶ時に顔を合わせるため、印象に残りやすいとのこと。

「とある常連の男性は、よくひとりでいらっしゃって、いつもデリヘルの女性を呼びます。お楽しみの時間を過ごし、女性が帰った後に、安価な『唐揚げ』と『大盛りライス』を、ほぼ必ず頼まれるので印象に残っていました」

ある時いつものように、常連の男性さんからのルームサービスの注文が入りました。

「いつもは『唐揚げ』と『大盛りライス』の彼が、珍しく『赤ワイン』や、1番高い『サーロインステーキ』、さらに『サラダ』『フランスパン』『アイスクリーム』などを豪勢に頼まれたので、何かのお祝いかと思いました」

カズさんがふと、入室の状況をチェックすると、男性の部屋にはまだ女性が入室中の様子。お腹が空いた女性と一緒に、ご飯を食べることになったようだと気がつきました。「女性のために普段とは違い、気前良くじゃんじゃん注文したんでしょうね」とカズさん。

「女性の前でささやかなな見栄を張って、自分をよく見せたいというのは、どの男性にも少なからずある気持ちです。女性が男性とデートする時に、可愛く見せようとオシャレするのと同じですね」

男性は、無理をして高級なレストランに女性を連れて行ったりするもの…

クリスマスが近くなり、ラブホテルも繁忙期とのこと。今夜もカズさんのラブホでは、色々な男女の駆け引きが行われていることでしょう。

取材・文/まなたろう