堅実女子ニュース&まとめ 令和時代の新たな疲れ1位は「永遠につかめない生活リズム疲れ」。その解決法は入浴!?

いくら寝ても疲れが取れない! 肩こりや腰痛が辛い! 肌トラブルが治らない! そんな現代人の蓄積疲れ、あなたも感じていませんか? 株式会社バスクリンの薬用入浴剤「きき湯」が、昨今の急速な社会環境変化に伴い、気づかないうちに蓄積してしまった令和時代の「新しい疲れ」を「名もなき疲れ」と命名。その中でも2021年を象徴する「名もなき疲れ」をTwitter投票(投票総数12,812件)により決定しました。果たして「“名もなき疲れ”オブザイヤー2021」とは?

今回は、疲れの種類別に、入浴研究の第一人者、東京都市大学人間科学部教授 博士(医学)温泉療法専門医の早坂 信哉 教授がその緩和術を伝授。あなたの疲れも、この入浴法で緩和されるかも!

最も共感されたのは「永遠につかめない毎日の生活リズム」

2021年も昨年に続き新型コロナウイルスに振り回される、落ち着かない1年に。まん延防止等重点措置や緊急事態宣言の発令により、外出制限も多く、通勤方法や働き方にも影響があり、生活のリズムがつかめなかった人も多いのではないでしょうか。そんな中、みんなに最も共感を得た「名もなき疲れ」は「永遠につかめない毎日の生活リズム疲れ」に決定。リモートワークでついつい夜遅くまで仕事をしてしまったり、出社とテレワークのハイブリッドによる生活リズムの崩れで自立神経が乱れている人も多いようです。

そんな疲れに対する緩和策でおすすめなのは、やはり睡眠! 早坂先生によると、睡眠時間を一定に保ち、就寝時間から逆算して1.5時間前の決まった時間に入浴することが望ましいとか。入浴は交感神経優位の状態(興奮状態)から、リラックス効果を持つ副交感神経を優位にするスイッチを切り替える効果があり、それにより睡眠の質がアップ。特に40度のお湯に10分間の全身浴がおすすめのようです。入浴剤などを使うと、温熱効果がアップし、さらに香りや色によるリラックス効果も期待できるそう。

2021年新種の「名もなき疲れ」はまだまだあります。あなたの共感できる疲れは!?

入浴法で蓄積疲れはかなり緩和できるはず。面倒でもシャワーで済ませずしっかり入浴時間を取りましょうね。
1 2